『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【転用ってなに?】 フレッツ光からの乗り換えを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

フレッツ光から光コラボレーションに変更することを転用といいます

【転用ってなに?】 フレッツ光からの乗り換えを徹底解説みなさん、こんにちは。今日は『転用』ってなに?ということを光コラボレーションとの比較をしながら解説したいと思います。

そもそもフレッツ光ってなに?

天下のNTTが出したサービスで全国エリアで使えるインターネットの光回線です。
今では光コラボレーションが始まったこともあり、随分とキャンペーンも少なくなりました。結構豪華なキャンペーンをやっていたものですが、現在ではキャンペーンを展開することもなく、どんどんと下火に放ってきておりますが、やはりさすがのNTT。

現在もシェア率NO,1を誇るビック回線です。

ですが、ユーザーを増やすことにはもう積極的ではないので、キャッシュバック額もたいしたことがなく、月額割引なども行っていますが、あまり安くならず、 次々と参入してくるネット回線の格安価格に対抗出来ずにいます。

ですが、やはり技術力、ノウハウの多さなどから法人では今でも最も人気がありますし、多少費用が高かろうと安全性・安定性・安心感を重視したい方は今でのフレッツ光を利用しています。

ですが、現在は光コラボレーションも大いに定着してきており、安全性や安定感では引けを取ることはないと思います。そのため今フレッツ光よりは他の光回線の方が断然オススメです。

フレッツ光からの転用ってなに?

フレッツ光をご利用されている方が、新たに工事等を実施することなくフレッツ光を解約し、円滑にお客さまの契約業者を「NTT(フレッツ光)」から「光コラボレーション事業者」に変更する手続きのことです。

『転用』の場合、工事は必要なく、基地局での切り替えのみとなりますので非常に安価での乗り換えが可能です。

光コラボレーションってなに?

光コラボレーションとは光コラボレーション事業者が、NTTから光回線を借りて提供する光回線サービスと、独自のサービスを組み合わせてより便利なサービスを提供していくサービスです。

NTTから光ファイバーケーブル回線を借り受けてサービスを提供する事業者を「光コラボレーション事業者」といいます。

転用までの流れ

大体の流れです。お申し込みの手続き内容は各業者によります。

ちなみに転用番号の取り方は以前記事に書いておりますので、参考にしてみてください。
⇒「【今更聞けないキーワード】転用承諾番号とは

NTT東日本/NTT西日本の転用WEBにアクセス

転用承諾番号を取得

光コラボレーション業者へ番号通知

お申し込み完了後、数日後に書類提出等のお手続き

お申し込みから数日後に転用完了(基地局での切り替え作業)

光コラボレーションのご利用開始

※ 転用後、サービス提供事業者は光コラボレーション業者となり、フレッツ光は解約となります。

※ 転用事務手数料は3,000円がかかります。

フレッツ光と光コラボレーションってどっちがいいの?

これは断然光コラボレーションですね。
安定性・ネームバリューの強さでフレッツ光を選ぶ方はまだまだいるようですが、安さ・便利さ・お得さを考えると絶対光コラボレーションの方がオススメです。

なぜなら先ほどもお話ししましたが、フレッツ光は光コラボレーション業者にインフラ(光ファイバー回線)を貸し出しておりますので、光コラボレーション業者の方が、顧客を得ることに積極的なのです。

そのため、自社の特性を活かした独自のサービスを各社展開しているので、それを見比べてあなたのお好みの光回線をお申し込みするとよいのではないでしょうか?

月額利用料

フレッツ光月額利用料
フレッツ光 プロバイダ
サービス
合計
戸建 4,600 500 5,100
集合住宅 2,950 500 3,450

ちなみにauひかりでは

1都3県限定auひかりはじめるキャンペーン
1年目 2年目 3年目
ネットのみ 月額5,100円 ⇒月額3,980円 月額5,000円 ⇒月額3,980円 月額4,900円

ちなみにSoftBank光では

SoftBank光 戸建て月額料金
プラン 戸建て月額料金
2年自動更新プラン

首都圏限定 SoftBank 光 戸建 3,980円キャンペーン

2年間毎月1,220円割引

月額5,200円 ⇒ 月額3,980円

となります。

速度では

これに関してはフレッツ光の方が評判が良いです。光コラボに変えた途端にいきなり読み込みが遅くなった、などの意見は多々見られます。

理論としてはフレッツ光のものを使っているので、変わるはずがないのですが、なんでか遅くなるのです。それは、原因としては新しく設置したWi-Fiルータをフレッツ光ものから変更したから、とか同じ地域のユーザーの増減によって、インフラへの負荷が変わった、などです。

OCN光では以前ユーザー数が800万を超えてしまい、それによってインフラ整備が追い付かなくて深夜の回線速度が極端に悪くなる、などのトラブルが発生しています。

特に光コラボレーションが始まった2015年から2016年までの間はトラブルが多かったですが、1年が経ち、これらの問題は各業者の対応により徐々に改善されつつあります

便利さでは

これは光コラボレーションが良いと思います。

なぜなら、現在光コラボ業者が乱立しているためそれぞれ特化したサービスを展開しないとどんどん世間から置いてかれてしまいます。

そのため、日々ユーザー獲得のためいろいろなキャンペーンを展開しています。

詳しくは下の記事など見てくださいね。

【緊急速報!!】2017年春はソフトバンク光が王手!?攻めてきたソフトバンク光を徹底分析

【auひかり2017年】今がチャンス!トリプルキャンペーン☆☆☆

【OCN光解体新書】最新キャンペーン始まる!生まれ変わったOCN光

 

フレッツ光からの転用についてのまとめ

いかがでしょうか。

なぜ光コラボレーションをオススメするか、納得していただけたのではないでしょうか。まず、毎月の月額料金が単純に安くなります。フレッツ光より安くなる!というのを掲げている業者も多いです。
転用先によってはお持ちの携帯が安くなったり、プロバイダと請求書が一括になったり、独自のサービスが受けられます。そして、対応によっては工事費も違約金もかからず、手数料(だいたい3,000円)だけで変更可能です。

【困ったときの虎の巻】インターネットを解約する方法と違約金0円にする3つの方法

デメリットは一度光コラボにしてしまうとフレッツ光に戻すことが出来ません。あと環境が変わるので速度が遅くなってしまうかもしれません。これに関しては周囲のユーザー数や環境によるので、やってみないとわからない、ということになります。

めんどくさいイメージがありましたけど割と簡単に出来るので安く使える場合はめんどくさがらずに早めに移行した方がいいと思います。特に光コラボレーションはモバイルとセットでかなり安く利用出来る場合があるのでまだ決めかねている人はこちらも是非参考にしてみてください。

【徹底分析!!】SoftBank光のおうち割ってどのくらいおトクになるの?

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑