『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【今更聞けないキーワード】オペレーティングシステム(OS)とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

オペレーティングシステムの機能と役割

【今更聞けないキーワード】オペレーティングシステム(OS)とはOSという言葉、ちまたではよく聞きますよね。特にパソコンを買おうとしてそのスペックを調べようとすると必ず出てくる言葉です。もちろんこれが大事なことはなんとなくピンと来ているのですが、じゃあどんな役割を持っているのか?と聞いて答えられる人はどれくらいいるでしょう。

けど今更聞けない…そんな方のためにわかりやすく書いてみます!

OSとは機械が何をやっているのか私たち人間でも理解できるように視覚的にモニターで表示させたり、また一般の方でも機械に命令を出しやすいようにマウスやキーボードなどからの入力をサポートします。 機器の中で最も基本的な機能でシステム全体を管理するためのソフトウェアです。たとえて言うならば脳みそにあたります。

熱い・寒いなどの五感、呼吸や心臓の鼓動などといった生命の維持の部分と、記憶や感情のような理性を制御しているみたいなものでしょうか。

OSの主な役割

  • 入出力装置や主記憶装置(メインメモリ)
  • 外部記憶装置(ストレージ、ディスク)の管理
  • 外部の別の装置やネットワークとのデータ通信の制御

オペレーティングシステム(OS)とは

コンピュータに電源が投入されると最初に起動し、電源が落とされるまで動作し続ける。利用者からの指示に基いて記憶装置内に格納されたソフトウェアを起動したり終了させたりすることができる。

IT用語辞典e-Wordsより

OSの種類

デスクトップのOSはたくさんありますが、だいたい3つに分けられます。それが、Windows OSとMacOSとLinuxです。ちなみにスマホやタブレット用のOSではiPhone, iPod touch, iPadなどのiOS。また、アンドロイド用OSではgoogleが出しているAndroid OSなどが有名です。ですが今回はデスクトップの話をします。

Windows OSはマイクロソフト株式会社が出しているものでほぼ80%のシェアを占めています。そしてMac OSはアップル(Apple Inc.)が出している OSです。特徴といえば、Windows OSは事務的な機能が、Mac OSはグラフィックスや音楽などがそれぞれ得意分野と言われております。

また、Linuxはフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生によって開発された、UNIX互換のOSでフリーソフトウェアです。Linuxは学術機関を中心に世界中に普及しており、企業のインターネットサーバとしても多く採用され、LinuxをOSとして使えるようにした何種類ものディストリビューションが公開、発売されています。

それぞれ固定のファンがついて、独自の進化を遂げており、今現在はどれらも不便を感じることもないほど充実しているので、最終的には自分の好みで選ぶ方が多いです

OSシェア 2016年7月

2016年6月-7月デスクトップOSシェア
OS Date OSシェア
2016年6月
OSシェア
2016年7月
Windows Win10/Win2000/Win2003/
Win7/Win8/Win8.1/Win98/
WinCE/WinVista/WinXP
84.09% 83.31%
Apple OS X 9.95% 9.61%
Linux Linux 1.47% 1.54%
Chrome Chrome OS 0.41% 0.35%
その他 4.08% 5.17%
合計 100% 99.98%

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • ドコモ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑