『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【今更聞けないキーワード】インターネットネチケット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネチケットってなに?

【今更聞けないキーワード】インターネットネチケット

ネットワークとエチケットを組み合わせた造語です。インターネットとは世界中のひとびととつながるツールです。インターネット上に自分の意見や気持ちを発信するということは「世界中に公式に意見を発表する」ということです。

つまりことこれに関しては「ここだけのハナシ」などということは通用しません。世界中のひとびとに叫んでいることと同じ、と認識しておいてください。
実を言うと厳密にこれがルール、ということは決まっていません。人によってそのものごとに対してよいと思うか、不快と思うかは違うからです。
基本的には「もし自分がやられたら不快に思うこと」をしない、ということを心がけましょう。

ネチケットの基本 正しい?間違い?あなたの常識は本当に大丈夫?

1.友達と話すような気軽な会話をする

答え:×
あなたと話している人は目の前にはいないけれど確実に存在する人です。
もちろんコミュニケーションの延長上にフランクな物言いをすることはあると思いますが、初対面の人にはきちんと敬語を話して、人に対しての礼儀をわきまえましょう。

2.自己紹介の時に本当の名前や住所を載せた

答え:×
自分の住所や本名を特定されたらもしかしたら悪意のある人がある日突然家に来たりするかもしれません。
自分のプライベートを特定されるような情報は絶対にあげてはいけません。

3.メールやラインが既読になったらすぐに返答しなければならない

答え:×
これは難しい問題ですね。人によっては自分が出したメッセージになんで早く返信してくれないのか、と不快になる人もいるかもしれません。
ですが、基本的に相手がどう返すか、というのは相手の都合によるということは忘れてはいけません。返信する、と約束したわけではないので遅れたり、見ていなかったりすることは相手の責任ではありません。メッセージやラインを全く使用しない人もたくさんいるのです。
ですが返信が遅いことで相手に心配させてしまうかもしれません。そのときはきちんと心配させたことのフォローをするように心がけましょう。

4.メールは用件だけを簡潔に書くこと

答え:×
普通の手紙を思い出してください。時節のご挨拶や世間話などいれつつ用件を書くでしょう。
メールも同じです。特に仕事場でのメールや目上の方に置く場合にはご挨拶や礼儀にきちんと則った対応をしてください。

5.日常の嫌なことをネット上で話す

答え:×
まず、前提として個人を特定するような話はしないようにしましょう。どんなことから個人が特定されてしまうかわかりません。
また、それを読んで不快に感じる人がいるかもしれません。直接会ってお酒の席で愚痴を言うのとはわけが違います。データとして消すこともできず残ってしまうものです。
悪口を言った相手に伝わってしまう可能性も…と考えれば思いとどまれませんか?

6.自分の顔や友達との写真をブログやフェイスブックに載せる

答え:×
自分の写真はある意味自己責任です。極力載せるべきではありません。
ですが、他人の写真を無断で掲載するなど言語道断です。本人の了解を取らないで勝手に掲載するなんて訴えられても文句は言えません。
残念ながらネット活動の中で許可を取っていない写真が悪用されることはままあることなのです。気にしない人もいますが、抵抗がある人もたくさんいます。
必ず一報を入れるか、顔を隠すなどの加工をして掲載するようにしましょう。

ネチケットのルール

  1. 対話相手は目の前にはいませんが、確実に存在するひとりの人間です
  2. ネットは世界中につながっている公共の場です
  3. 相手にカチンと来たり焦ったりしたときは一旦時間をおいて頭を冷やしましょう
  4. 相手の言動にいちいち振り回されないようにしましょう。相手はあなたに対して全く責任を負わない人間です
  5. すべてのことは自己責任。他人のせいにしてはいけません
光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑