『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【今更聞けないキーワード】ブラウザとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年秋最新シェアブラウザランキング

日本で2015年秋から2016年秋までの1年間で使用されている使用しているブラウザの割合
「日本で2015年秋から2016年秋までの1年間で使用されている使用しているブラウザの割合」

参考ページ:StatCounter

こんにちは。今回は「ブラウザ」についてお話ししたいと思います。
みなさんのブラウザはなんですか?私はGoogle ChromeとMozilla Firefoxを2窓で開いています。一応メインブラウザはGoogle Chromeに設定していますが、実を言うと便利な機能はMozilla Firefoxの方が充実しているような気がします。もちろん、個人的な感想なので異論は認めます(笑)。

さて、「なにそのブラウザって???」という方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明すると、現在このサイトを見ているあなたが開いているソフトウェアのことです。基本的には購入したパソコンには既にひとつはインストールされているので意識せずに使用していることも多いです。

こちらを見るとGoogle Chromeが最も利用されているようですね。その次にインターネットエクスプローラーでFirefoxが3位です。Safariはアップル社から出されているウェアブラウザでMac製品はSafariが推奨されています。

それぞれのブラウザの特徴

それぞれブラウザには特徴があります。
人によってその特色の好みはちがうので、比較的ブラウザは散逸していますね。

Google Chrome

Google ChromeとはGoogleが開発を行っているGoogle Chromeは現在最も日本で利用されているブラウザです。
2008年12月12日に正式版が公開された、比較的新しいWebブラウザなのですが、あっという間に広がりました。なぜならとにかく動作が軽く、表示速度が速いからです。

起動するとパソコンの環境にもよりますが即座に立ち上がるので、その間のストレスがほとんどありません。新しくタブを開いてWebページを読み込むときも驚異的な速さで表示してくれます。
これ、実はあまり知られていないのですが、Google Chromeはパソコンが起動したときに裏で既に起動準備に入っています。そして表で立ち上げたときはそれを裏から表に表示するという作業のためこのように起動が速く感じられるようです。

他はクリックしたときに起動準備に入るためGoogle Chromeより遅く感じますが、基本的な速度に対しては実は他のブラウザとあまり変わらないのです。

ダウンロードはこちらからどうぞ

Internet Explorer

Internet ExplorerとはInternet Explorer(略称:IE)は、マイクロソフトが開発を行っているブラウザ です。
Windowsには標準でインストールされています。パソコンを利用したことがある人はほとんどの人が利用したことがあるでしょう。

ブラウザのことを意識したことがない、という方はほぼこのInternet Explorerを利用していると思います。以前は堂々たるシェアNo,1ブラウザだったのですが、急速に普及してきたGoogle Chromeに負けて現在2位となっています。
ダウンロードはこちらからどうぞ

Mozilla Firefox

Mozilla FirefoxとはMozillaが開発を行っているFirefoxはキツネのマークのブラウザです。
Mozilla Firefoxの最大の特徴はとにかく便利です。たくさんのアドオン(拡張プログラム)を持っているので、自分の好みにカスタマイズができます。操作も簡単で、やってみて気に入らなかったらすぐアンインストールしたり、気分によってデザインを変えてみたり、とかなり自由度が高いです。

その代りにかなり重いので、起動に時間がかかりフットワークという意味では最もドンガメです。
なので個人的な話ですが、ネットサーフィンなどの簡単なものにはGoogle Chromeを使い、操作が必要な作業の時はMozilla Firefoxを使っています。
ダウンロードはこちらからどうぞ

Safari

Safariとは『Safari』は、アップルが開発しているWebブラウザです。アップル製品には必ずSafariが搭載されていますし、iTuneを利用している方は同時にSafariもダウンロードされるので意外とインストールされている方も多いかもしれません。Safariの特徴はさすがアップル開発しただけあります。どのブラウザよりも色彩と文字が美しい!

見ればわかりますが文字が読みやすいし美しい。写真の色がより映えてデザインをとても重視していることが一目見ればわかると思います。もちろんフォントもカラーも質感もこだわりぬいたものとなっています。デザイナーの方はたいていSafariを利用していたりします。
ダウンロードはこちらからどうぞ

他にもブラウザはたくさんあるのですが、だいたいこの4つのブラウザが使われているといっていいでしょう。

ただいま第三次ブラウザ戦争真っただ中

2008年から2016年までの各ブラウザのシェア率の推移
「2008年から2016年までの各ブラウザのシェア率の推移」

その昔Netscape Navigator(NN)というウェブブラウザがウェブの世界を風靡していました。
ところが、1995年8月にInternet Explorerという無料ブラウザがその政権に殴り込みをかけたのです。 WindowsOS抱き合わせでInternet Explorerを無料で発表したことにより有料だったNetscape Navigator(NN)はあっという間に駆逐されていきました。

第一次ブラウザ戦争⇒Winner!【Internet Explorer】

その後、しばらくInternet Explorer(通称IE)は天下が続き、世界を支配しましたが、ほかのウェブブラウザが次々と台頭しはじめました。セキュリティの脆弱性や独自の仕様のため一部のユーザーとくに開発者にとっては非常に非常に使いずらいものだったのです。

最初はMozilla Firefoxがその多機能性を売りに先進的なウェブブラウザを開発したのです。彼らはIEの脆弱性にうんざりしたユーザーの心を捉え、「オープン」と「標準」を合言葉にし、2004年の11月Firefox1.0がリリースされ、急激にシェアを広げていきました。そしてそれからは続々とOperaSafariなどが名乗りを上げていきます。

そして2008年検索エンジンの大御所Googleがついに動きました。Google Chromeを発表したのです。あっという間にMozilla Firefoxを越したGoogle Chromeはついにブラウザ界の王様Internet Explorerのシェアを超えNo,1ブラウザとしてTOPに踊り立ったのです!!

第二次ブラウザ戦争⇒Winner!【Google Chrome】

現在、スマホを持つ方が多くなり、それに伴いiPhoneを利用するユーザーが増えています。それすなわちMacのスタンダードのブラウザSafariの市場シェアが急速に伸びることを指します。

スマートフォンがどんどん普及している今日、第三次ブラウザ戦争はパソコンではなく、スマートフォンが戦場となっていくでしょう。 ⇒Winner【Coming soon...?】

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑