『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【光回線?ADSL?】評判のインターネット回線はどれ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
【光回線?ADSL?】評判のインターネット回線はどれ?
【光回線?ADSL?】評判のインターネット回線はどれ?

今、光回線インターネット回線として大々的に宣伝されていますね。

…ところであなたはどんな回線が他にあるか知っていますか? インターネットサービスにはたくさんの選択肢があります。

専門家もなければ自分の回線速度がどのくらいなのか、なんていうことはわからないと思います。人によって必要な回線も速度も違っていきます。それぞれのサービスの特徴を比較して評判の光回線がなぜ評価されているか分かりやすく解説します。

自分にふさわしい回線はどれなのか、おすすめ回線サービスランキングをご覧ください。

1位:光回線

1位:光回線

光回線おすすめポイント

  • 光ファイバーの場合、距離の影響を全く受けない
  • 通信速度の上り&下り共に高速なので圧倒的ストレスフリー
  • マンションタイプの場合、料金が安くなる

デメリット

  • 料金が高い
  • 通信速度がADSLより遅くなる場合がある(他の利用者の影響を受ける)
  • 大掛かりな工事が必要かも
  • マンションで新規に利用する場合、ハードルが高い(他の住民の許可が必要)

ご存知光回線。このサイトでも超プッシュしています。
電線の中に光ファイバーケーブルを通して光速でのデータ送信を行っています。
そのためこれまで感じていた数秒のタイムラグすらなくなり最も早い速度でインターネットができるでしょう。
動画もネットゲームもストレスなくできます。今後はエリアもシェアもどんどん増えていくでしょう。
ちょうど変換期になっているので、まだまだ技術的な問題とかがクレームとして挙がっていますが、近い将来それも解決するでしょう。
そうすることで唯一ネックだった料金の高さや初期工事費もなくなっていくはずです。

さて、そうすると次は「どの会社の光回線を使えばよいか」お悩みになるかもしれません。その場合は、ぜひ私が極めて個人的に独断と偏見に満ちた判別するためのYES/NOチャートを作りました。

こちらであなたへのオススメ回線を調べて、ご自分で申し込まれる参考になさってはいかがでしょうか。

2位:ADSL

2位:ADSL

特にこんな方にオススメ!

  • 引越しなどでインターネットを引く方
  • お家の通信費用を安く済ませたい方
  • インターネットの費用をとにかく安くしたい方

年々光回線に追い上げられてはいますが現在のインターネット回線で最も普及しているのはこのADSL。 電話回線を使っているので全国エリア。料金も他の回線と比べても最も良心的だと思います。正直な話、動画やネトゲをしないでたまにしかやらない一般的な方でしたらこちらで十分かとは思います。

なまじ光回線で慣れていると、多少回線速度は遅く感じますがそれでも1~2秒のことなので気にならないなら無問題。ですが、確実に光回線がメイン回線として普及していく中、そう遠くない未来ADSLサービスは廃止される可能性があります。

3位:モバイルデータ回線(3G・4G・LTE)

3位:モバイルデータ回線(3G・4G・LTE)

メリット

  • ビジネスシーンなどで相手に依存せずにネットができる
  • 簡単にレンタルできて帰国時に空港で返却できる

デメリット

  • 特定期間に利用した通信データが一定量を超えた場合、通信速度がありえない程低下する

携帯を持っている方がほとんどと思います。そしてその携帯を使ってインターネットをします。 お値段も光回線に比べれば良心的ですし、問題が解決できるのならこれからまだ伸びるかもしれません。
はい。つまり現段階では致命的な問題がございます。「いつでもどこでもインターネットが気軽にできる!」のが売りだったのに、蓋を開けてみると「なにこれ全然つながらないんですけど。え、これ解約すると違約金とるの?ふざけんな!!」という大クレームが起きて以来、一気に下火になっているようです。
これは「通信速度制限」というものが設定されていることが原因です。つい動画などの高画質データ通信を見るとあっという間に128kbpsまで制限されます。ほとんどネットができないという状況に…(#^ω^)

ですが、ライトユーザーもしくは旅行などの場合は十分考える余地はあると思います。
言い換えれば使いすぎなければとっても簡単に好きな時にインターネットができる、ということですのでちょっとECサイトやニュースをみたりメール打ったりするぐらいしか使わない、という人にはこれほど便利なことはないでしょう。なんせ引っ越そうが、旅行しようが、モバイルWi-fiを持っていればすぐにインターネットが使えるのですから。特に海外旅行中とかネット中毒の私にはこれがないと生きていけません(真顔)

もしくはお仕事で飛び回るビジネスマンには最強のツールになるやもしれません。相手の会社に訪問してもノートパソコンとモバイルデータ通信用の携帯さえ持っていれば相手に依存せずにさらっともたつかずにネットができます。スマートでかっこいいですね!

現時点ではヘビーユーザーには物足りないのでオススメはできませんが、サブで持つならありですね。また今後その問題を解決するようであれば楽しみではあります。

4位:CATV(ケーブルテレビ)

4位:CATV(ケーブルテレビ)

CATVのメリットのある人

  • テレビをよくみて、あまりインターネットをやらない
  • インターネットはするが、検索やニュースぐらいしか見ない

デメリット

  • 動画やゲームを頻繁にやるヘビーユーザー
  • アップロード(上り)が格段に遅い
  • 帯域内にヘビーユーザーがいるとダイヤルアップ接続ばりに遅くなる

ケーブルテレビ回線を利用して一緒にネット回線として使います。ケーブルテレビに加入している方が一緒にネットをできるように申し込むことが多いため一定のシェアを保っています。

ただ、上りが非常に不安定な回線状況のようです。特に同じ帯域にネトゲのヘビーユーザーがいたりするとそれだけでこちらのネット状況にも影響するようです(実話)。通常であれば光回線並みの回線速度ですが予期せぬ遅延が発生することも…

金額的には光回線と同程度の値段ですので、TV視聴を利用してないのならあえて申し込むメリットはあまりありません。

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • ドコモ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら

人気の記事一覧

PAGE TOP↑