『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【auひかり解体新書】auの中の人が知られたくないお申し込みの時の5つのポイント全部公開しちゃいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

auひかりに張り巡らされた罠を解体しちゃいましょう!

【auひかり解体新書】auの中の人が知られたくないお申し込みの時の5つのポイント全部公開しちゃいますこんにちは。フレッツ光から光コラボレーションが始まって現在インターネット光回線業界はてんやわんやのようです。多くの業者が乱立している中でそろそろ台頭する会社が現れてきました。
そのひとつがauひかりです。

ではそのauひかり。なかなか評判も上々で、着実に伸びているようですが、本当にauひかりは安心できるのでしょうか? 興味があるからこそきちんと知っておきたいですよね。

今回はauひかりのいいところ、悪いところを分析してみました。大手だからと言って完ぺきとは限りません。それどころかお客さんをひっかけようと手ぐすねを引いてまっています。

そんな罠を軽やかに避けるためにauひかり解体新書をご覧ください!
そんなわけで、今日は

auひかり解体新書
  1. auひかりとフレッツ光の初期費用比較
  2. auユーザーは絶対お得!「auスマートバリュー」
  3. auスマートバリューの適用条件に潜む罠!!
  4. auひかりのそれぞれのコース
  5. 結局どこで申し込めばいいのか

の5つをまとめてみました。少しでもお得に契約出来る方法なので是非チェックしてみて下さい。

auひかりとフレッツ光の初期費用比較

フレッツ光の方はごめんなさい。auひかりが他の回線と比較するとどれだけオトクになるのか、を今回はお知らせしたく思います。

戸建ての新規申し込みの初期費用一覧
サービス名 月額料金※1 初期費用 工事費用 合計 プラン名
auひかり(ネット+電話) ※2 ¥5,600 ¥3,000 ¥37,500 ¥46,100 auひかりホームずっとギガ得プラン
ネット+電話
auひかり(ネット) ※2 ¥5,100 ¥3,000 ¥37,500 ¥45,600 auひかりホームずっとギガ得プラン
ネットのみ
フレッツ 光 東日本※3 ¥5,700 ¥800 ¥18,000 ¥23,900 フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ

※1 ネット回線+プロバイダの合計となります

※2 auひかりはずっとギガ得プラン(ホーム)の場合

※3 フレッツ光の料金はプロバイダー(OCN)込みの料金とする

月額料金はフレッツ光よりauひかりの方が安いですが、工事費と初期手数料はフレッツ光の方が安い様です。

ここら辺はさすがNTTだけあって専門技術は当然NTTの方がKDDIよりもあるのは当然でしょう。
ここまでだとフレッツの方が安いです。当然それをKDDIもわかっていますので手を打ってきました!
それが

初期費用(工事費含む)実質0円! キャンペーン!!

です!

auひかりで「ネット」+「電話」をお申し込みいただくと、月額利用料から初期費用相当額を最大37,500円割引されます!

「ネット」+「電話」お申し込み分1,250円 × 30か月分 =37,500円割引

けど中には「電話」入りません! 「ネット」で十分! なんて方もいらっしゃいます。 
なんて方でも安心してください。さすがに全額ではないですが、

「ネット」お申し込み分750円 × 30か月分 =22,500円割引

そのためこれ(工事費37,500円)が・・・

こうなる!

サービス名 月額料金 初期費用 工事費用 合計 プラン名
auひかり(ネット+電話) ¥5,600 ¥3,000 ¥0
37,500円割引
¥8,600 auひかりホームずっとギガ得プラン
ネット+電話
auスマートバリュー適用対象
auひかり(ネット) ¥5,100 ¥3,000 ¥15,000
22,500円割引
¥23,100 auひかりホームずっとギガ得プラン
ネットのみ
auスマートバリュー適用対象外
フレッツ 光 東日本 ¥5,700 ¥800 ¥18,000 ¥23,900 フレッツ 光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ

どうしても初期費用3000円はかかってしまいますが、合計はフレッツ光より安くなりますね。
と言っても月額料金の差額は100円…(´・ω・`)

auユーザーは絶対お得!「auスマートバリュー」

「100円お得になるだけじゃあんまりauひかりって魅力ないよねぇ・・・」

当然auの中の人もそう考えました。

ですが、これ以上の一律割引はこちらもキビシイ・・・そうだ! auユーザーだけに特別割引すればいいよね!

というわけで出たのが

auのスマホやタブレットを使っている人はぜひ活用すべきauスマートバリュー!(どーん)

auスマートバリュー

ご存知の方も多そうですが、一応ご説明すると、auスマホから最大2年間934円~2,000円が毎月割引される、というサービスです。

ソフトバンクの「おうち割」などと同じですね。

一緒に住んでいる家族も対象になり、ご契約はau携帯電話(タブレット・PC含む)10回線まで対応されますので、それぞれの機種を契約するごとに1,410円割引されていってさらに便利になります。

auスマートバリュー 家族4人で使えば最大2年間毎月8,000円割引!

auスマートバリューのお申し込みで、
スマホやケータイ、タブレットのご利用料金が割引に!

auスマートバリュー割引プラン一覧
指定のデータ(パケット)定額サービス 割引金額
アイコン:auスマートフォン
auスマートフォン
  • データ定額30
受付終了プラン
  • データ定額10/13
翌月から最大2年間
毎月2,000円OFF
(永年934円/月+最大2年間1,066円/月)
  • データ定額5/20
  • LTEフラット
  • ISフラット
受付終了プラン
  • データ定額5cp
  • データ定額8
  • プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
毎月1,410円OFF
(永年934円/月+最大2年間476円/月)
受付終了プラン
  • U18データ定額20
翌月から適用期間中
毎月1,410円OFF
  • データ定額2/3
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)
受付終了プラン
  • データ定額3cp
  • LTEフラット cp(1GB)
翌月から
毎月934円OFF
  • データ定額1
翌月から最大2年間
毎月934円OFF
(永年500円/月+最大2年間434円/月)
  • auフラットプラン20/30
auピタットプラン
  • (スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GB
翌月から
毎月1,000円OFF
auピタットプラン
  • (スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
  • (シンプル):1GB超~2GBまで
翌月から
毎月500円OFF
auピタットプラン
  • (シンプル):1GBまで
割引対象外
アイコン:auケータイ
4G LTE ケータイ
受付終了プラン
  • データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間
毎月2,000円OFF
(永年934円/月+最大2年間1,066円/月)
  • データ定額5(ケータイ)
受付終了プラン
  • データ定額8(ケータイ)
翌月から最大2年間
毎月1,410円OFF
(永年934円/月+最大2年間476円/月)
  • データ定額2/3(ケータイ)
翌月から
毎月934円OFF
  • データ定額1(ケータイ)
翌月から最大2年間
毎月934円OFF
(永年500円/月+最大2年間434円/月)
アイコン:auケータイ
3Gケータイ
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)
翌月から
毎月934円OFF
アイコン:4G LTEタブレット
4G LTEタブレット
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
翌月から最大2年間
毎月1,410円OFF
(永年934円/月+最大2年間476円/月)
受付終了プラン
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
翌月から
毎月1,000円OFF

ところが!

そうは問屋が卸しません!

auの中の人もいろいろと罠を張り巡らせています。

公式と言えど全面的に信用しては痛い目をみますのでご注意。



auスマートバリューの適用条件に潜む罠!!

ですがここにはauの中の人が考え出した巧妙な罠があるので注意!!
後から気付くとがっかりするので先に書いておきますね!
それが、

コースをお選びの際は、「ネット+電話(500円)」と「ネット+電話(500円)+テレビ(500円~)」のお申し込みの方しか適用されません!!

これです!

結構多くの方がauひかりに申し込めばauスマートバリューに適用される! と思っているのですが、いざ申し込もうとすると電話(もしくはテレビ)オプションを追加しないといけないことに気付くでしょう。例えば、

戸建てにお住まいでかつau携帯をデータ定額5GBで契約されている場合

5,600円(月額料金)-1,410円(スマートバリュー)+500円(電話オプション) = 4,690円(割引後月額料金)

となります。
つまり910円の割引となるわけですね。

これオペレーターさんから言われるとなんだか騙されてる感がしますが、安心してください。ちゃんと得しています(笑)

う~ん、不思議なんですが、なんで先に言ってくれないんですかねぇ…
後出し感がすごくてせっかくの割引感なのに感謝しづらいの('A`)

ここまででフレッツ光からの転用の場合、100円+910円の合計1,010円は月額料金が下がるわけです。こう聞くとちゃんとお得な気分になるのに、最初に1,410円て聞いたもんだから、なんだか微妙な気分になってしまうのです。

さて、ここでauのプランって何があるの? と感じた方も多いかと思いますので下記で述べます。

auひかりのそれぞれのコース

auひかりには戸建てのコースとマンションのコースがあります。

  1. auひかり ホームずっとギガ得プラン
  2. auひかり ホームギガ得プラン
  3. auひかり マンション

戸建ての方はauひかりホーム

auひかりホームはコースが3つあります。

ひとつは継続契約のない普通のタイプでいつでも解約できる(違約金が発生しない)代わりに月額料金がかなりお高めなのでここではオススメいたしません(断言)
いつでも解約できる、というメリットだけで公式のキャンペーンもこちらは適用されませんのでフレッツ光よりもかなり高くなるという…なんのために契約するのかよくわからないコースです。

なのでご紹介は下記の2つだけさせていただきます。

auひかり ホームずっとギガ得プラン

3年単位(自動更新)の継続利用を条件に、auひかりのネットサービスをご利用期間に応じて割引くおトクな料金プランです。

ずっとギガ得プラン :auひかり ホーム月額利用料
  ギガ得プラン 月額利用料
お申し込み区分 1年目 2年目 3年目
ネット 5,100円 5,000円 4,900円
ネット+電話 5,600円 5,500円 5,400円
ネット+テレビ 5,600円~ 5,500円~ 5,400円~
ネット+電話+テレビ 6,100円~ 6,000円~ 5,900円~

※ 背景がピンクのところはauスマートバリューが適用されます

お申し出がない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。解約・プラン変更された場合、契約解除料15,000円がかかります(更新期間を除く)。

また、1年ごとに100円が割引されますので2年目には月額料金が5,000円(100円割引)、3年目には月額料金が4,900円(200円割引)されます。

auひかり ホームずっとギガ得プラン 月額料金割引
<更新期間のタイミングについて>

ずっとギガ得プラン加入月は3年目の契約更新時の2ヶ月の間となります。

auひかり ホームずっとギガ得プラン 更新期間の流れ

また、「ネット+電話」と「ネット+電話+テレビ」を申し込まれた方はauスマートバリュー適用対象となりますので、さらにオトクとなります。

auひかり ホームずっとギガ得プランのまとめ

メリット
  • 月額料金が年々安くなる(100円ずつ)
  • auスマートバリューへのご加入でホームゲートウェイ内蔵無線LAN親機の月額利用料(レンタル料)500円が無料
  • 他社からの転用の場合、違約金相当が還元できる「auひかりスタートサポート ホーム」が適用されるかもしれない※1
デメリット
  • 契約期間が3年間とかなり長い
  • 更新期間外に解約した場合、違約金が15,000円かかる

※1 適用される条件が合わない可能性があります

【auひかりスタートサポート ホーム適用条件】下記、①、②の条件をすべて満たすお客さま

  1. 他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信端末から「auひかり ホーム ずっとギガ得プランのネット+電話+電話オプションパック※2」に新規ご加入
  2. 36カ月以上の継続利用をお約束

※2 電話オプションパックサービス(http://www.au.kddi.com/internet/auhikari/service/phone/option/)を2つ以上お申し込みいただくことでおトクにご利用いただけます。

auひかり ホームギガ得プラン

2年単位(自動更新)でご契約いただく料金プランです。お申し出がない限り、2年単位で自動更新されます。

ギガ得プラン:auひかり ホーム月額利用料
お申し込み区分 ギガ得プラン 月額利用料
ネット 5,200円
ネット+電話 5,700円
ネット+テレビ 5,700円
ネット+電話+テレビ 6,200円~

※ 背景がピンクのところはauスマートバリューが適用されます

auひかり ホームギガ得プラン 更新期間の流れ

解約・プラン変更された場合、契約解除料9,500円がかかります(更新期間を除く)。

また、「ネット+電話」と「ネット+電話+テレビ」を申し込まれた方はauスマートバリュー適用対象となります。

auひかり ホームギガ得プランのまとめ

メリット
  • 契約期間が2年間
デメリット
  • auスタートサポートが適用されない
  • 月額料金がずっとギガ得プランより高い
  • 更新期間外に解約した場合、違約金が9,500円かかる

集合住宅の方は「auひかりマンション」

「auひかり マンション」は、すでにauひかりの設備を導入済の集合住宅にお住まいの方を対象としたサービスとなりますので、もしお住まいがauひかりを導入していない場合申し込むことができません。そのため、必ずお申し込みの際はご自身のお住まいが対象エリア内が確認してください。

マンションのタイプには、配線方式の違いなどによって6つのタイプがあります。また、ご契約戸数などにより利用料金が異なります。

また、「ネット+電話」と「ネット+電話+テレビ」を申し込まれた方はauスマートバリュー適用対象となりますので、さらにオトクとなります。

代表的な提供タイプ(タイプV16契約以上)は3,800円となります。「タイプV 16契約以上」以外、またはお住まいのマンションタイプがわからない方は、auひかり公式サイトよりご確認ください。

auひかり auひかりマンションのまとめ

メリット
  • 月額料金がホームに比べて安い(ただし例外あり↓デメリット参照)
  • 他社からの転用の場合、違約金相当が還元できる「auひかりスタートサポート マンション」が適用されるかもしれない※1
デメリット
  • 導入可能エリアが狭いのでそもそも契約できないかもしれない(インフラがNTTよりも発達していないため)
  • ↑のため、月額料金がご自身のお住まいの場所によって変動する(高くなる可能性も…)
  • auスタートサポートが適用されない

※ 1適用される条件が合わない可能性があります

【auひかりスタートサポート マンション適用条件】下記、①、②の条件をすべて満たすお客さま

  1. 他社固定インターネットサービス、または他社モバイルデータ通信端末から「auひかり マンションのネット+電話+電話オプションパック※2」に新規ご加入
  2. 24カ月以上の継続利用をお約束

※2 電話オプションパックサービス(http://www.au.kddi.com/internet/auhikari/service/phone/option/)を2つ以上お申し込みいただくことでおトクにご利用いただけます。

結局どこで申し込めばいいのか

申し込み時に気を付けたいのは、「どこで申し込みすればいいの?」ということです。
といってもどこで申し込んでもサービス内容は同じauひかりなのですが、申し込み時の入り口によってもらえる特典が全然違ったりしますのでご注意ください。

auひかり申し込み入り口はだいたい4パターンになります。

  • auショップ
  • KDDI公式サイトauひかり受付
  • 家電量販店
  • 代理店サイト
1

auショップ

auショップはほぼ特典やキャッシュバックを行っていません。
2

KDDI公式サイトauひかり受付

この場合公式キャンペーン以外はほぼキャッシュバック等はないといっていいでしょう。
3

家電量販店

家電量販店の場合、昔は7~10万円のキャッシュバックや家電プレゼントなどを行っていましたが、その特典を悪用する不届きなものが多く、豪華特典は全くなくなってしまいました。
主にその店のポイントとして付けることが多いようです。大体3~4万円相当のポイントなどになります。
もしくは家電やパソコンの割引、PS4や3DSのゲーム機プレゼントというような、商品と絡めることもあります。しかし、一見お得に見えますが元値は3,4万円ほどの価値しかありません。
4

代理店サイト

代理店サイトの場合、千差万別ありますが、やはり一番オトクになるのは代理店経由で申し込まれることです。
代理店によっては電話一本かけるだけで貰うことが出来ます。

上1と2に関しては特典がほぼありませんので、お申し込みにはオススメいたしません。単純にもったいないです。

では家電量販店はどうかというと、これはあまり旨味がなくなってしまったのが実情です。

上記でもありますが、現金キャッシュバックを行っていた際にその特典欲しさに「架空登録の不正申し込み」という不届き者が続出し、結果として登録者に比べて大赤字となった、という経緯があります。キャンペーンを詐取した事で逮捕されるケースが続き、2013年3月から全ての家電量販店での商品購入同時値引きが公的機関からの指導で禁止となりました。そのため、そこからは豪華特典であった内容がずいぶん魅力が半減したというか、なんというか…(´・ω・`)
返還時期も半年や1年などかなり後になりますし、キャッシュバックもなくなりましたので、現在は精彩を欠いていると言わざるを得ません。

そこから台頭してきたのが代理店です。WEBによる告知で大々的に告知して電話のオペレーターがナビしてお申し込みする、という形態で、これが爆発的に増えています。

数々の代理店が独自のキャンペーンを催すことでお客を引き寄せて親会社から手数料をもらう、というものです。数が多いだけあって現在キャンペーンがどんどん豊富になったのはユーザー側としてはかなりありがたいです。

ですが、問題点として、中には詐欺のような代理店が点在していることが挙げられます。つまり豪華なキャンペーンで集客力を高めてもちゃんと履行しない、というものです。

たくさんの条件をつけてその条件に合わないものには景品を渡しませんよ! と言って放置されます。先ほどauもソフトバンクも「ネット+電話(TV)」のみ適用ですよ! と後出ししていますよね?
本店がやっているのにいわんや代理店は…てなものです。

なので私たち申し込む側はその罠をきちんと把握して安全な代理店を探さないといけません。

ちなみにどんな罠をこしらえているのか徹底解析しちゃいましたのでこちらもどうぞ⇒「【光回線☆最前線】知ってますか? 代理店が仕掛けたキャンペーンでの5つの罠

虎の巻では数多の代理店の中からそれらをふまえて「優良」である代理店をランキングしています。
なんで優良なのかもきちんと説明していますのでそれらをふまえてご自身に合った代理店をお選びいただければと思います。

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら

人気の記事一覧

PAGE TOP↑