『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

どれを選べばいい!?ドコモ光の申込みして損しないおすすめプロバイダーを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。

ネット上で、ドコモ光に申込みしてみたいけど、とにかくよくわからない!!という声をよくみかけます。

こういった口コミ・評判が出てくる理由は、ドコモ光を申込みしようとすると、プロバイダーの選択肢が多く選びようがないように見えるからです。
ドコモ光の申込みサイトを見てみると、申込みができるプロバイダーがどっさり掲載されています。

ドコモ光プロバイダー一部

確かにこれだけの多さはちょっと心が折れてしまいそうになりますね。今回はこのドコモ光のプロバイダーについて、一体どれを選べばいいのか、何を基準にしていくか?を解説していきます。当サイトおすすめのプロバイダーもご紹介していきますね!

ドコモ光のプロバイダーは多すぎる!一体どこにすればいい?

まずは基礎知識!ドコモ光とプロバイダーは別?

先程お伝えしたように、ドコモ光は他の光回線に比べて選べるプロバイダーの種類が多く、申込みをしたい人にとっては迷いすぎてしまうこともあります。

そもそもプロバイダーがどういうものなのかがわからない…という方も居るでしょう。インターネット光回線にプロバイダーはどう関わってくるのでしょうか。プロバイダーの役割を知れば、少しでも選ぶ基準が見えてくるかもしれません。

プロバイダーはネット接続に欠かせないサービス

光回線自体はつまるところ、光ファイバーケーブルそのものの事を指します。ドコモ光という光回線サービスは、インターネットを利用するための光ファイバーケーブルを、電柱から建物の外壁、屋内にまで引き込む自宅にまでつなぐ役割を行う事業者です。対してプロバイダーの提供するサービスはインターネットに接続するための手段そのものを指します。相互通信、各要所での認識などをプロバイダーが行うことではじめてインターネット通信を行うことができるのです。

ですので、インターネット回線に申込みをする場合は、「道」を作ってくれる光回線事業者と、「通信」を行ってくれるプロバイダー業者両方と契約する必要があるんですね。

ドコモ光をはじめ、フレッツ光やauひかりなど、光回線サービス自体何社か存在していますが、プロバイダー業者は対応した光回線サービスとのみセットで利用する形となります。ドコモ光はたまたま対応しているプロバイダーが多いため、料金プランの選択肢が多くなってしまい選択を迷うという状況になっているんですね。

ドコモ光の料金プランからプロバイダーを絞る

プロバイダーは通信そのものを担う事業者であり、必要不可欠とわかったところで、それではいくつのプロバイダーサービスがドコモ光に対応しているのか、それぞれの料金とサービス内容を紹介します。

ドコモ光のプロバイダーはまず料金タイプ別で分ける

ドコモ光には、ホームプランとマンションプランでそれぞれタイプA・タイプB・単独プランの6つのパターンで分かれています。

【ドコモ光月額プラン】タイプA
ホーム 月額5,200円 マンション 月額4,000円
ドコモnet、ぷらら、So-net、、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、タイガースドットコム、 BIGLOBE、アンドライン、シナプス、BBエキサイト、エディオンネット、SIS、楽天、TiKiTiKi、hi-ho、@ネスク、ゼロワンヒカリコアラ、U-PA!
【ドコモ光月額プラン】タイプB
ホーム 月額5,400円 マンション 月額4,200円
OCN、@Tcom、TNC、アサヒネット、ワクワク、@ちゃんねるネット
【ドコモ光月額プラン】単独プラン
ホーム マンション
5,000円+プロバイダー料 3,800円+プロバイダー料

ドコモ光に対応しているプロバイダーは、更にその他タイプAとタイプBで申込みできる業者が分かれます。タイプAでは光回線の利用料金+プロバイダーの利用料金合わせて5,400円、プランBは光回線+プロバイダーで5,200円で利用することができます。

「単独プラン」はタイプABに関わらずお好きなプロバイダーを選ぶことができます。ただしホーム5,000円、マンション3,000円に別途プロバイダー料金がかかりますので、結果タイプABより高い月額料金になります。

タイプAとタイプBの料金からプロバイダーを選ぶのもいいかもしれません。現状タイプAの方が月額で200円安いので、少額のようでいて年単位で利用する光回線契約としては少しでも安い方をおすすめします。

「プロバイダーを選ぶ基準①
料金プランの月額から考える」

IPv6に対応しているプロバイダーで絞る

光回線は現在、続々と「IPv6対応」にしたサービスを提供しています。

「IPv6」は光回線の接続方式です。従来の「IPv4」接続の場合、利用者が多い時間帯は地域によってはインターネット回線の速度が落ちてしまう、回線の混雑状態を起こしてしまっていましたが、「IPv6」接続ではその混雑を解消した次世代型の通信方式を利用できます。

これから光回線を申込みしたい場合はぜひこの「IPv6」に対応したプロバイダーを選ぶべきです。

先程のタイプAに対応しているプロバイダーは実はほとんど対応しています。現在楽天のみ非対応という状況です。

「プロバイダーを選ぶ基準②
「IPv6」接続対応のプロバイダーを見極める」

プロバイダーが実施しているキャンペーン特典で絞る

ドコモ光に対応しているプロバイダーの事業者のうち何社かは、申込みを獲得するためにキャンペーン特典を実施しています。

キャッシュバック特典や、docomoユーザーが利用できる「dポイント」、そして「IPv6」対応のWi-Fiルーターレンタルなどの特典を受けることができます。

特に、「IPv6」対応のWi-Fiルーターは、先程解説した高速通信の為に欠かせない接続機器です。

せっかくIPv6に対応したプロバイダーでドコモ光を申込みしても、Wi-Fiルーターが対応していないと実は無線でネットをしているときに従来の接続方式のままだったということになります。

「プロバイダーを選ぶ基準③
キャンペーン特典、特にWi-Fiルーターがゲットできるプロバイダーを狙う」

ドコモ光 プロバイダーを選ぶ3つのポイントまとめ

おすすめのプロバイダーは?

上記3つのポイントを網羅している、当サイトがおすすめしたいプロバイダー数社をご紹介します。
トラノマキおすすめプロバイダー
プロバイダー 特典内容
GMOとくとくBB
  • 現金キャッシュバック
  • 高額dポイント付与
  • 高速Wi-Fiルーター無料レンタル
  • amazonギフト券など
So-net公式
  • 現金キャッシュバック
  • 高額dポイント付与
  • 高速Wi-Fiルーター無料レンタル
DTI
  • 現金キャッシュバック
  • 高額dポイント付与
  • 高速Wi-Fiルーター無料レンタル

これらのプロバイダーですと、ただドコモ光の光回線をりようするだけでなく申込み時にお得なキャンペーンを受けることができます。

当サイトいちおし!現金キャッシュバック他豪華特典がゲットできるのは正規代理店GMOとくとくBB

とにかく多くて選ぶのに疲れるドコモ光のプロバイダーの中でも、今回解説した3つのポイントに沿っていて、充実したキャンペーンを実施している「GMOとくとくBB」を一番おすすめしたいと思います。GMOとくとくBBのキャンペーン特典を受け取るには正規代理店の申込みサイトからドコモ光を申込みする必要がありますのでご注意ください!docomoショップ等の店舗からでは受けることができない、代理店限定のキャンペーンを是非活用してください!

ドコモ光ランキング1位:GMOとくとくBB

キャンペーン内容

  • 【代理店+公式キャンペーン】
    • 新規(オプションあり):キャッシュバック15,000
      +dポイント20,000円
    • 新規(オプションなし):キャッシュバック5,500
      +dポイント20,000円
    • 転用(オプションあり):キャッシュバック15,000
      +dポイント5,000円
    • 転用(オプションなし):キャッシュバック5,500
      +
      dポイント5,000円
    ※関西エリア(兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県)は、さらにdポイント10,000ptが付与。
    • BUFFALO製Wi-Fiルーター無料レンタル

申し込みメリット

  • キャッシュバック+dポイントでの還元額が高い
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルも利用できる
  • 最短2か月末でキャッシュバック還元
  • 送られてくるメールから手続き

ドコモ光お申し込みランキング

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • ドコモ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら

人気の記事一覧

PAGE TOP↑