『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【auひかりユーザー】テレビを付けたいあなたのための地デジ工事の流れと特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

新築の人集まれ! auひかりのテレビオプションはフレッツ光やソフトバンク光よりもおトク!

【auひかりユーザー】テレビを付けたいあなたのための地デジ工事の流れと特徴

みなさん、こんにちは。今日は新築の方必見です。テレビって実は勝手に備え付けられているわけではございません。それはそうですよね。まずは、電気がないと動きません。そりゃそうです。
そしてその次に電波がないと映りません。この、電波というのは主な方法としては2種類あります。


1種類が今回説明するアンテナ方式のサービスです。auひかりのユーザーはこちらになります。どうして同じ光回線なのに方法が違うの?と思った方。実に鋭い。

東京電力TEPCOひかりからauひかりへ
東京電力TEPCOひかりからauひかりへ
詳しくはこちらをご覧ください

それは、フレッツ光の使っている光ファイバー回線とauひかりが使っている光ファイバー回線は全く別物だからです。NTTの光回線とauひかりの光回線は元々「TEPCOひかり」という東京電力のインフラのため、インターネットでテレビは見ることは出来ないのです。


そのため、auひかりで地デジをご覧になりたい場合は、一緒に地デジアンテナ工事をする必要があります。

アンテナ設置で地デジを見る

ではauひかりはどうやってテレビを見るのでしょうか? それが、アンテナ方式

地デジの電波を受信するには「UHFアンテナ」が必要です。現在、アナログ放送を「VHFアンテナ」で受信している方は、新たに「UHFアンテナ」の設置が必要です。

また、すでに「UHFアンテナ」でアナログ放送を受信している方や、「VHFアンテナ」と「UHFアンテナ」を併用している方でも、「UHFアンテナ」の方向を調整しないと地デジの電波を受信できないケースがあります。

au光をご利用予定の方:お使いのアンテナを確認してください。
インターネット接続方式で地デジを見る場合

もしあなたがフレッツ光や光コラボレーションを利用しているならば、インターネット接続でテレビを見る方法があります。

ケーブルテレビや光回線を利用して地デジを見る方法です。つまり光ファイバーによって電波を受信するわけですね。「フレッツ・テレビ」などのサービスです。

有線で受信しますのでビル陰などによる電波障害の影響を受けません。

ですがいずれも地デジの視聴には別途月額料金が必要です。

テレビ施工まできちんと面倒見てくれる代理店

テレビ施工まできちんと面倒見てくれる代理店のサイトを紹介します。

それがNNコミュニケーションズのauひかりお申し込みサイトです。

また、あとから地デジアンテナ工事だけやりたい、という注文も受け付けているそうなので、ゆっくり後で考えるのもありです。その場合は直接お電話かメールでご連絡すれば対応してくれるそうです。

auひかりキャンペーン!最短1ヶ月でCB現金振込!

キャンペーン内容

申し込みメリット

  • 還元時期:開通後、翌月末にお支払い
  • 申請方法:メールで申し込みした後くる電話で完結(1回のみ)
  • 適用条件:オプションなし・現金振込にて返還
  • プロバイダーはソネット・ビッグローブ他4社からお好きなものを選べる
代理店詳細

auひかりとフレッツ光でテレビ視聴費用を比較!

auひかりの場合では「auひかり回線+アンテナ設置工事」、フレッツ光の場合では「フレッツ光回線+フレッツ・テレビ」にてかかる初期費用と月額費用で比較します。

フレッツ光とauひかりのテレビ利用料金比較
費用詳細 フレッツ光 auひかり
月額費用 フレッツ・テレビ
月額利用料
660円 0円
初期費用
又は
設置工事費
スカパーJSAT
施設利用登録料
2,800円 54,800円(税込)
(※BS・ブースター込)
34,800円(税込)
(※BSなし・ブースター込)
フレッツ・テレビ伝送
サービス工事費
3,000円
屋内同軸
配線工事
19,800円
ブースター代 12,000円
合計 37,600円

※ アンテナ方式の場合の初期費用は最初に設置工事をする以外はありません。

※ 「フレッツ・テレビ」でテレビを視聴する場合、光回線のご契約が必須なので、比較項目に光回線にかかる初期費用及び月額費用も比較の対象となっています。

※ 比較の条件として、「~4台」のテレビで視聴し、ブースター代を含めた場合の料金で比較します。 (※複数台でテレビを見る場合、ほとんど「ブースター」の設置が必要になります)

初期工事費用として、「auひかり(アンテナ工事費)」のほうが「フレッツ光」に比べて初めは多少高くつきますが、テレビは継続して視聴しますので、月額利用料を払い続ける「フレッツ・テレビ」より「auひかり(アンテナ工事)」の方が一度の工事費のみで長期的には、とてもお得になります。

フレッツ光とauひかりのインターネット利用料(戸建て/ホーム)
  フレッツ光 auひかり
キャンペーン
適用前
キャンペーン
適用後
キャンペーン
適用前
キャンペーン
適用後
月額費用 光回線料 5,700円 4,700円 6,300円 4,900~
5,100円
プロバイダ料 1,200円
(Yahoo!BBの場合)
0円
(上記光回線料に含む)
合計 5,900円/月
(キャンペーン適用後で算出)
4,900円/月
(キャンペーン適用後で算出)
初期費用 初期工事費
(※一括払いの場合)
18,000円 37,500円 実質0円
登録料 800円 3,000円
合計 19,800円/単月 3,000円/単月
(キャンペーン適用後で算出)

※フレッツ光で「地デジ・BS/CS」をご覧になるためには、「フレッツ光+プロバイダ」のご契約が必須です。

auひかりのテレビ設置アンテナの料金比較

表示の金額は、[設置アンテナ代+工事費+税]を全て含んだ料金となっております。

デザインアンテナセット ベーシックセット(八木式)
 auひかりデザインアンテナセット  auひかりベーシックセット(八木式)
薄型フラットなアンテナで民放が視聴可能 民放各局が視聴可能な基本セット
[セット内容]
  • UHFデザインアンテナ
  • 壁面設置金具
  • UHF増幅器
  • ブースター込み
[セット内容]
  • UHFアンテナ
  • マストセット
  • UHF増幅器
  • ブースター込み
40,800円(税込) 34,800円(税込)
▼もっと他放送も楽しみたい方▼

UHF+BS/110°CSアンテナもございます
[視聴できる放送局] BS民放各局(無料)、NHK各局、WOWOW、スカパー!(各有料)

デザインアンテナセットと一緒で
60,800円(税込)
ベーシックセットと一緒で
54,800円(税込)

※ 基本仕様:[視聴できる放送局] NHK、NHK教育、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京

※ 有料仕様:[視聴できる放送局] BS民放各局(無料)、NHK各局、WOWOW、スカパー!(各有料)

地デジアンテナ工事完了までの流れ

  1. STEP1
    【auひかりを契約したユーザー】

    あなたがauひかりをお申し込みして無事契約完了   ※アンテナ工事のみでも承っております。

  2. STEP2
    【KDDIもしくは代理店】=>【工事会社】

    KDDIもしくは委託された代理店から工事会社へ地デジアンテナ工事依頼

  3. STEP3
    【工事会社】=>【auひかりを契約したユーザー】

    工事会社からあなたにお電話が来ますので、その際に「アンテナの金額」などの注意事項を確認してください。

  4. STEP4
    【工事会社】

    あなたの家宅へ工事会社が訪問し、アンテナ工事をします。工事時間は、2~3時間程度です。工事完了後、代金をお支払いします。 ※工事代金は、クレジットカードでもお支払可能です

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑