『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【困ったときの虎の巻】インターネットを解約する方法と違約金0円にする3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動更新型契約の場合「違約金」がかかります

【困ったときの虎の巻】インターネットを解約する方法と違約金0円にする3つの方法こんにちは。
今回は誰もが悩むであろう乗り換え時のインターネット解約のトラブルについてお教えします。
インターネットは申し込むときはとても簡単なのですが、解約時は複雑な手続きだったり、解約条件が難しかったり、少しでもハードルをあげてできるだけ解約させないようにしています。

例えば、退会のページが一番下にこっそりとリンクしてあったり、電話でしか受付しなかったり、アンケートを必須にしたり。

いろいろと企業も工夫していますがその最たるものが自動更新型契約をすることで、安易に解約できないようにしています。

これは一定の期間を継続することでその分月額料金が安くなる、というもので、例えば2年間の契約の場合は、2年間の継続の間は解約をすることはできません。そして自動更新のため、2年後の更新月に解約しない限り、改めて2年間の契約が自動的に更新されます。

もし、解約をする場合は違約金が徴収されることになります。
その場合に解約する方法については「インターネットを解約したいとき行うべき3つの方法」でお話ししていますので、参考にしてくださいね!

どのくらいかかるの? インターネット光回線の違約金一覧

実際にどのくらい違約金ってかかるの? 分からないとそれだけ不安になりますよね。あくまで参考までにそれぞれのインターネット光回線業者の違約金の一覧を書きます。

これらはあくまで参考となります。
先方の都合により数値等は変更されることがありますので、実際に解約する前にきちんとご自身の契約状況は確認してくださいね。特に光コラボレーションはまだまだ黎明期のため、状況は日々変動しています。申し込む前に確認するようにしましょう。

インターネット光回線の違約金一覧
サービス名 対象 契約期間 違約金
フレッツ光 にねん割 戸建て 2年 ¥9,500
にねん割 マンション 2年 ¥1,500
auひかり ずっとギガ得プラン 3年 ¥15,000
ギガ得プラン 2年 ¥9,500
SoftBank光 2年自動更新プラン 2年 ¥9,500
OCN光 2年自動更新型割引 2年 ¥11,000
Biglobe光 ビッグローブ光「ひかり」コース 2年 ¥9,500
3年 ¥20,000
So-net光 So-net 長割 for 光 コラボレーション 2年6ヶ月
(30ヶ月)
¥7,500

違約金をかけずに解約する3つの方法

  1. 解約月に解約する
  2. フレッツ光からOCN光に申し込むと違約金がかからない
  3. 解約金を補てんしてくれる光回線サービスに申し込む

解約月に解約する

最もスタンダードでわかりやすいですね。通常、契約年数+1か月、つまり2年契約なら25か月後、3年契約なら37か月後に解約できるようです。サービスによっては2ヶ月間だったり2週間以内だったり、とバラつきはありますが、その間に解約すれば何の問題もありません。

また、その時に何のリアクションも取らなければさらに契約が更新されてまた契約期間を縛られますのできちんと把握しておきましょう。

フレッツ光からOCN光に申し込むと違約金がかからない

これは同系列(NTT)会社の移動のため、大枠で契約違反にならない、ということなんでしょうか?
フレッツ光で「にねん割」もしくは「どーんと割」「光もっともっと割」など基本的に2年の契約縛りがありますが、OCN光に申し込む際はその期間以内であっても違約金は発生しません。また、記入書類等もなく、基本的に電話一本で変更可能です。

また、そのまま初期工事も必要ないので、初期手数料だけで変更できます。これによって大幅にOCN光に人が流れました。同じNTTということで安心して乗り換えできるので安心してオススメできます。

解約金を補てんしてくれる光回線を申し込む

auひかりスタートサポート

auひかり+auスマートバリューに新規ご加入により、他社の違約金相当額と携帯の違約金相当額を還元する、というサービスです。

条件が光回線とau携帯の利用、という少しハードルがありますが、そもそもauひかりを申し込む方はほぼau携帯をお持ちだと思いますので、大半の方は条件に合うと思います。

SoftBank あんしん乗り換え

新規でSoftBank 光/SoftBank Airに申し込みした方に、乗り換え時の違約金・撤去工事費を満額(※10万円まで)還元する、というキャンペーンです。

こちらはSoftbank光を申し込んだ方、という条件のみなのでほぼ該当すると思います。

これらは代理店同士のパイの取り合いの戦略の一つです。要するに限られたユーザーをどうやって取り込むか、というときに手っ取り早く「他社から奪う」という手に出たのです。

「君、約束したよね…?」と契約縛りで引き留めようとするA軍と「解約金割引してあげるよ!」と誘致して裏切りを招聘するB軍同士の熱い戦いなのです。

そしてそれに翻弄される私たち・・・どっちのコースがやーすいかー、と代理店の甘い水に蛍のごとくふらふらするまでがお約束なのです。

だいたいは、実際に現金を補てんされるのではなく、実際に月額料金を請求する際に、違約金分を請求額から割引するスタイルで、解約金を実際に支払った請求書や領収書等で確認を取ってからその分を月額料金から割り引いていくようです。

 

まとめ

いかがですか?

初めてインターネットを引く人、ADSLやダイヤルアップ接続から新しく光回線に変えたい人、今のサービスが気に入らないので新しい回線を探している人、たくさんの人が今光回線を使おうと悩んでいます。

新しい回線を選ぶとき、解約した回線に対しても後顧の憂いなく、安心して解約できる方法を紹介しました。

「飛ぶ鳥後を濁さず」などといいますが、契約とはいわば約束ですので、できるだけトラブルの内容に平和的解決をしたいものです。
よろしければ、参考にしていただければ、と思います。

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑