『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【困ったときの虎の巻】光回線を開設!あれ?思いのほか遅い?と思った時の解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にできる回線速度が遅いときの解決方法

こんにちは。光回線を開設した方!おめでとうございます。お疲れ様でした。
一仕事した気分でネットを回っている方も、スマホでご覧になっている方もいるとは思いますが、夢の快適インターネットを想像して始めたはいいものの

「あれ…? なんか思ったより快適じゃ、ない…? ていうかADSLより遅くない?」

なんて経験ありませんか?
ないなら何よりです。ごゆっくりお楽しみください。
けど経験ある人、ていうか現在進行形な人。ぜひこの記事を見て参考にしていただければ幸いです。

せっかく高いお金を出して光回線にしたのに、なんでこんなに遅いの!? という問題はこれをご覧になっている大半の方は経験しているのではないでしょうか。
ご自宅で、会社で、旅行先で、出張で、いろいろなシチュエーションでインターネットは利用されますが、スムーズに何事もなく始められる方は意外と少ないはず。と私は信じています。

なんせ私自身、引っ越しを2回行い、仕事でも引っ越しがあり、旅行では公衆無線LANをしょっちゅう利用しております。

そしてその度に何らかのトラブルが発生し、大いにスケジュールがズレる、という苦い思い出が…
原因はそれぞれ違うので、その度に「知らねーよ!」と電波に逆ギレするという失態を見せるわけですが(#^ω^)…

その経験を駆使していろいろなトラブルの原因、解決方法などをご覧に入れたいと思います。

光回線が遅くなる理由

よくありそうな順から書いていきます。

プロバイダーが原因

光回線の速度は1~2 Gbps※1である、と提唱されているのに思ったより変わらないんですけど…動画めっちゃ止まるんですけど…と思われている方。

そもそも個人向けのインターネット回線で提示されている速度は理論上の最高速度です。したがって、何をしても1Gbpsはいかないです。ベストエフォート型※2と言います。

集合住宅の場合、マンションで一つの回線を分け合うので利用する人が多ければ多いほど回線は混雑するのでその分遅くなります。

イメージでいうなら銭湯や温泉でたくさんの水道の蛇口を同時に出したらお湯が少ししか出なくなるのと一緒です。自分の蛇口からお湯がチョロチョロしか出なくて最大限出していたら他の蛇口がしまったとたん物凄い勢いで出てきてビビったことありませんか?

インターネットも同じです。人数が多ければ多いほどその回線は遅くなりますので、ピークタイムと言われる19時から23時くらいの通信量は深夜などと比べると数倍の負荷になったりします。マンションでP2Pなどで帯域を専有してしまう誰かがネトゲやってたらいきなり負荷がかかって読み込みが遅くなったりします。

※1 毎秒10億ビット(1ギガビット)のデータを伝送できるのが1Gbps。「G」はSI単位系で10億倍を表す接頭辞で、「bps」(bits per second:ビット毎秒)の10億倍を表す単位であるためこのように呼ばれる。

※2 ベストエフォート(英語: best effort、最善努力)とは、最大の結果を得られるよう努力することをいう。通常、委任契約等における受任者の負うべき義務を規定する場合に使われる用語で、そのような努力がなされないときは債務不履行責任を負うものの、そのような努力がなされたうえは、結果に対する責任を負わないことを定める際に用いられる。(Wikipediaより参照) 

なんだそりゃ! 要するに出来ないことへのふわっとした言い訳じゃないか? じゃあ実際の速さは? と思われると思います。ですが、現在回線の実際の速度を提示することはできないのです。
同じ交換局の管理地域の中で多数の利用者がいれば遅くなりますし、少なければ早くなる、ということなので実際に速度は提示不可能です。

ゆえに、わかりやすく規定値を出すわけですが、あくまで理論値です。

そのうえ、広告では最大1Gbps!のようにあたかも速度が保証されているかのような物言いをして誇大広告を打つこともあります。

これに関してはタイミングが悪かった、としか言いようがないので、諦めるしかありません。
そして、こう言われるとこちらはどうしようもないからこちらは引き下がるしかないので、これを言い訳にしてクレームをこなされることがあります。こちらは疑心暗鬼ですよね。体のいい言い訳にしてない?って不安になります。

ただ、まああなたがマンションタイプのご利用の場合は、大体これが原因ですので、時間をずらすか、携帯を利用する、Wi-Fiの設定の変更をしてみる、などの後付け対処をするしかありません。

Wi-Fiの性能が原因

さて、上記の原因が多いので、しっかり吟味して回線を選んだつもりのあなた。まだまだ落とし穴は存在しております。

光回線の速度は1Gpsですが、あなたのご自宅に光回線が引かれたとしてもWi-Fiルーターが古くて低性能のものであれば、当然そこから内部の速度が遅くなります。
今、使っているWi-Fiルーターの速度がどの程度まで対応しているか確認してみましょう。

光回線キャンペーンによっては最新の次世代ルーターをプレゼントすることもあります。

ぜひ光回線代理店を選ぶ際はその点、留意していただければ、と思います。

パソコンの性能による原因

環境がどんなに良くてもパソコンなどのハードが低機能であれば、当然速度が遅くなります。

最近ではサイト一つにしてもデータ量が重くなったり、動画を利用したり、処理に時間がかかって結果的にフリーズしてしまう、なんてこともあり得ます。

どんなに当時高くて機能の良いハードを利用していても、10年以上たてばその10分の1の値段のPCでもスペックは上です。また、ハードだけではなく、ソフトウェアも常に最新のものに更新してください。セキュリティの面でも、処理速度の面でもスペックの面でも新しいOSにアップデートすることで基本的に格上げされます。

※ウィンドウズしかりアップルしかり改悪されることもままありますのでご了承ください

光回線の速度を早くするための方法

Wi-Fiの周波数を5GHZに設定する

Wi-Fiの周波数は2.4GHzと5GHzがあります。両方とも、Wi-Fiで使用される無線電波の帯域のことを指します。2.4GHzと5GHzではそれぞれ以下の特徴があります。

2.4GHz帯域の特徴

<長所>
  • 壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
  • 各Wi-Fi端末が対応している。
<短所>
  • 色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑や不安定 になりやすいです。
    (アパート、マンション等だと他の部屋からの電波の影響を受ける事もあります)

5GHz帯域の特徴

<長所>
  • 基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
  • 2.4GHzと比較してより、高速な通信 が可能です。
<短所>
  • 2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
  • 旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。

左記の画像はiPhone7のWi-Fi設定のページとなります。ご覧のように赤で囲まれているところが「A」の5GHzと「G」の2.4GHzの電波になります。
ご自宅でWi-Fiルーターの裏側をみればどちらが5GHzなのかわかると思うのでチェックしてみてください。うちはバッファローの無線LAN中継機のためこの表示となります。
先も述べたように場合によって、どちらがより安定するかは変わりますので、もし速度が遅いな? と思ったらまずはこれを試してみるのが良いでしょう。
選択するだけですから一番簡単ですよね。

PCの負荷を軽くする

長くPCを利用していると余計なファイルなどがドンドン蓄積していき、パソコンの動作に影響を与える場合があります。
きれいに掃除してやることで思いのほか動きが軽くなることがありますよ。
下記の方法はその中でも簡単なものなので、ぜひお試しください。

1.ブラウザのキャッシュ削除

Internet Explorer 9&10の場合
  • Internet Explorer起動後、画面右上の歯車アイコンをクリック⇒[インターネットオプション]をクリック。
  • [全般]のタブの、[閲覧の履歴]の下にある[削除]をクリック
  • 新しく出てくるウィンドウの、[インターネット一時ファイル]にチェックマークをつけ、[削除]をクリック
Google Chromeの場合
  • Google Chromeを起動し、画面右上の工具(スパナ)のアイコンをクリック⇒設定 を選ぶ。
  • 左側の「履歴」を選び、「全ての閲覧データを消去」をクリック。
  • 画像の画面が出るので、上から4つにチェックを入れ消去する。※「次の時間のアイテムを削除」の部分は「すべて」で良いと思います。

2. 不要なアプリやガジェットを減らす

  • いらないガジェット:いらないガジェットの上で「右クリック」⇒「ガジェットの終了」
  • いらないアプリ: [スタートメニュー]⇒[コントロールパネル]⇒[プログラムのアンインストール]

3. 各種最適化ツールを使用する

Defrag, checkdiskを実行

マイコンピュータ⇒Cドライブの上で右クリック⇒プロパティを選択⇒「ツール」のタブから、「エラーチェック※1」と「最適化※2」を行ってください。

※1 エラーチェックとはパソコン内部のハードディスクをチェックし、読み書きに問題がある場合自動で修復してくれること

※2 最適化とはハードディスク内部のデータ断片化を解消し、パフォーマンスを向上させること

4.ゴミ箱を空にする

実は以外と忘れられているゴミ箱。自動的に空にする設定をしていない限り永遠にたまり続けます。
ゴミ箱アイコンの上で右クリック⇒「ゴミ箱を空にする」

使うハード、デバイスを交換する

Wi-Fiルーターを替える

光回線を選ぶ際、大体どこの業者でも無線LAN中継機や無線ルーターをレンタルできますが、500円~/月となります。特に家族が使ったり家のどこでも使いたかったりする場合は必須となりますので、それならばいっそご購入も視野に入れるべきです。

大体、価格は5,000円程度となりますので、1年使えば元が取れることになります。
ただ、キャンペーンの中には、無線LANをセットでプレゼントすることや、キャンペーンの適用条件として無線LANの貸し出しがあることも。お申し込みの際にはこちらの考慮していただければ、と思います。

LANケーブルを替える

LANケーブルということもあり得そうです。せっかくの光回線LANケーブルが古かったばかりに速さを発揮できない可能性もあるのです。「LANケーブルなんてどれも同じでしょ」なんて思われるかもしれませんが、実はたくさんのカテゴリーが存在します。

LANケーブルの種類
LANケーブルの種類 CAT 5 CAT 5e CAT 6 CAT 7
通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps

LANケーブルの規格はどの通信速度に対応しているかによってクラスが分かれています。コードの途中に規格がプリントされているのでそれで確認してみてください。5,5e,6,7とあり数字が大きいほど、速い通信速度に対応できる規格とされています。

そのため、もしあなたの今使っているLANケーブルが「5」よりも規格が古かったりすると光回線の速度が1Gbpsだとしても通信速度が遅くなってしまう、なんてこともあり得ます。
遅くなる原因としての可能性は低いですが、心に留めておくとよいかもしれません。

現在の速度を調べてみよう

インターネット回線のスピードテストで自分の回線を調べてみた
スピードテストはこちら

さて、試せそうなものはありましたか?
でしたらどれくらい具体的に速くなるか、きちんと数字で調べてみてはいかがでしょう。

目安としては10Mbpsもあれば十分ストレスフリーなインターネットライフが過ごせるかと思います。


まとめ

いかがでしょうか。少しは変わりましたか?
他にもいろいろと軽くするための方法はあります。

ここでわかってほしいのは、最新のPCや光回線を使えば絶対に速くなるのか、というと必ずしもそうではない、ということを知っていていただきたいのです。

例えば、あなたが集合住宅地で光回線を利用する場合、そもそも1Gbpsは望むべくもないでしょう。あくまでも理論値ですし、戸建てと違って周囲と回線を分配しているため障害も多いです。いろいろな要素でがんがん遅くなります。実家から一人暮らしになったとたんに環境が悪くなることはある意味独立した洗礼ともいえるくらい「あるある話」だったりします。

例えば、どうも遅くなる原因が隣人のネトゲによる回線落ちだった場合、どんなに最新機種のPCやタブレットに変更しても意味ないですよね。逆に7年前の無線LANを使用していてはどんなに良い環境でインターネットをしても台無しだったりします。(※実話)精密機械は10年が目安となります。みなさんもご注意ください…。

周囲の環境、状況、自分のPCの状態、性能、インターネット回線の契約、ありとあらゆることが原因になりえ、そしてそれらはほんのささいなことだったりします。

自分のいる環境がどの要素によって遅くなっているのか、ひとつひとつの要因を整理して原因を調べないと、無駄な出費をすることになります。ぜひ困っている方はこれを参照にしてご自身で解決するための一助としていただければ幸いです。

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑