『イチバンお得』な代理店はどれだ!?
キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!

【光回線☆最前線】光回線申し込みに潜む罠と闇~探せ!優良代理店~

このエントリーをはてなブックマークに追加
【光回線☆最前線】光回線申し込みに潜む罠と闇~探せ!優良代理店~

光回線を電化量販店で申し込んで知らぬうちに引っかかった罠

みなさんこんにちは。
思い返すも4年前、大型電化量販店でフレッツ光を申し込んだときのことは今でも苦い経験として記憶に残っています。
当時、電化量販店では光回線を一緒にお申し込みの方はデスクトップ型PCをプレゼント! とか10万円プレゼント! とかを謳い宣伝していたわけですが、これがなかなか悪辣なものでした!
ですが、当時の私には詳しい事情なんて分からなかったので、その甘言に釣られてついフラフラと某電化量販店にてお申し込みして10万円ホスィィィィ! とばかり突撃していったのです……

インターネットを気持ちよく申し込みするための教訓その①

「金額にばかり気を取られていると必ず騙される!」

大きいことはいいことです。どうせならたくさんキャッシュバックが欲しいですから、当然申し込みする際には受け取る「金額」は必ずチェックします。

「申し込むだけで10万円!!」というキャンペーンには抗いがたい魔力があります。ですが、この○○万円、本当に確実にもらえるの???というのが実は最も大切なことなんです。

つまり、インパクトを出させるためにキャンペーンの金額を高く見せて周知を図り、その一方で獲得するための条件がとても分かりにくかったり、厳しくすることで、キャッシュバックを受け取ることができない、という罠に追い込むのです。

もちろん私も追い込まれました。申し込めば10万円もらえると思ったのに、貰うための条件が下記の3つでした。

  • 有料オプションを3つ加入したら4万円
  • 申し込みの書類をきちんと期日に出せば3万円
  • お友達に紹介すれば3万円

はあああああ!?

有料オプションって結局それ月額料金が増えたら意味ないんじゃ!? え? 1か月後に電話して解約すれば大丈夫? や、確実に忘れるんですけど…てか、今更サポートサービスなんて要らないよ…あんなん使わなくても自分で直せるし…

お友達に紹介って、なにそのマッサージ屋みたいな特典…友達なんてみんなこの業界(※インターネット業界)なんだからとっくのとうに光回線や…ちゅーかそんな友達もおらへんのやで…いわすなや…

となりまして、結局貰ったのは2の3万円のみ。えーーーーーーーーーーーー10万円はぁ!???

というわけで総務省からも注意が行ってますし、消費者センターでもよく苦情が来るそうです。
それでも、きちんと契約書や告知を聞かずに申し込んだ自分が悪い、と思い「泣き寝入り」です。まあ…損をしたわけじゃないし…

駄菓子菓子………………ナナマンエン…。・゚・(ノД`)・゚・。

 

インターネットを気持ちよく申し込みするための教訓その②

電化量販店や公式サイトやショップからではなくネット上の代理店サイトからから契約すべし!!

光回線の場合、申し込めるところはだいたい3つに分類されます。

  1. 公式:公式サイトや公式ショップ、町中の委託ショップなど実際に受付がある代理店
  2. 家電量販店系:ビックカメラ、ヤマダ電機やヨドバシカメラなど
  3. ネット代理店系:WEB上で集客を行っている代理店

1は公式キャンペーンのみ行っているのですが、2と3に関しては、公式+独自のキャンペーンを行っているため、お得です。
ネット代理店の伝えるキャンペーン内容は先ほどの図のように

公式キャンペーン + 代理店キャンペーン + (あれば)プロバイダーキャンペーン
= WEB上のキャンペーン

ということになります。

公式キャンペーン+代理店キャンペーン +プロバイダーキャンペーン=WEB上のキャンペーン

なので、②の家電量販店か、③のネット代理店をどちらかを選べばよいのですが、最近の家電量販店では以前のような派手なキャンペーンはしていません。

なぜかというと、2015年にそのキャンペーンを悪用した不正が多発したそうです。
詳細は省きますが、「割引を悪用した詐欺事件が多発し、警察から中止要請があったため」商品割引から自社ポイントによるキャッシュバックに同時に転向したという事件が起こっています。

これは割引を悪用した詐欺事件が多発したことを受け、警察から中止するよう要請があったとか。
というような経緯を経て、現在ではヤマダではヤマダポイント、ビックカメラではビックカメラポイントという風に現金での取り扱いは一切なくなっています。

そして額もちょうしょぼくなってしまいました。さらば10まんえん…

というわけで現在では3のネット代理店が最もキャンペーン内容が豊富で今一番伸びているのです!
とは言っても最も知名度が高いのは家電量販店でのお申し込みだと思いますので、その分を巻き返すためにより特典を豊富にしなければいけないのです。

 

インターネットを気持ちよく申し込みするための教訓その③

ネット代理店にもピンからキリまで! サイトはよくよく吟味すべし!! “最大“のワードに注意せよ!

さてそれではネット代理店を調べてみましょう。「インターネット」「代理店」「キャンペーン」「安い」…検索検索ゥ!

すると出るわ出るわ代理店のキャンペーンがズラ―っと並びました。
さてこの中で何が良くて何が悪いのか、いくらネット上の代理店が最もオトクだからと言っても、実をいうなら一番騙されやすいのもネット代理店です。

家電量販店は人と人がきちんと(かどうかは定かではありませんが)説明して申し込みをする以上、最低限の倫理的なマナーは保証されます。

ですが、ネット上はあの手この手で騙しのテクニックがばらまかれています。

これに関してはネットである以上どうしても避けられない問題でもあります。
その中から優良な代理店を選び、悪徳な代理店を避けるためのポイントが4つあります。

  1. 大げさなキャッシュバック金額(特に5万円以上)と「最大」に注意!
  2. その有料オプション、本当に必要ですか?
  3. キャッシュバックや特典が届く期間をチェックすべし!
  4. 具体的なキャッシュバックの申請方法を事前に把握せよ!

インパクトのあるサイト、たくさんありますよね。最大13万円! とか 最高7万円! とか…とっっっっても魅力的です!こんだけもらえたら何しよう!ぐふふふふ…となったあなた。これぞまさしく「捕らぬ狸の皮算用」。

始めにも申し上げましたが、これらのすべてには獲得条件が存在します。

ちなみにこのポイント3つともクリアしている代理店も数少ないですがあります。
それは後程ご紹介しますが、それが数多の代理店の中でも本当にごく少数である、ということだけはお伝えしておきます。

大げさなキャッシュバック金額(特に5万円以上)と「最大」に注意!

さて第一のトラップですが、最大10万円!と先ほども言いましたが、この10万円は現金で貰えるわけではありません。
これは例えば

  • 「もし他社からの転用の場合に違約金が発生したら3万円まで補償するよ!」(30,000円相当)
  • 「実際に発生する初期工事費24,000円を2年間かけて月額料金から割り引いてあげるよ♪」(24,000円相当)
  • 「お友達一人紹介につき12,000円を3人まで!」(36,000円まで)
  • 最後に「弊社からお申し込みしてくれたら1万円あげます」(10,000円)

という言葉を最大10万円相当という風に置き換えてWEBページのTOPにドーンと設置するのです。
そうすると若き日の私のようなおっちょこちょい(←失礼)がその甘い言葉に乗せられて、条件も特に調べもせずに申し込んじゃって、結局1万円しかもらえなかった…なんてことになるのです。

しかも月額料金から月々24回に分けて割引する、=2年間継続しないと元が取れないということになります。

ですので例えば最大10万円! とWEB上で謳われた場合、

  • もし違約金がでたら3万円まで補償(3万円相当)
  • 初期工事費が24,000円かかるけど月額料金から2年かけて割引(24,000円相当)

となります。実際に現金でちゃんと払ってくれるところが一番確実なので、そんな代理店を探すしかないと思います。

こういった形式は公式でのキャンペーン内容であることが多いので、そこも留意しておいてください。(※月額料金や工事費、といったことは公式でしか操作できないため)

その有料オプション、本当に必要ですか?

第二のトラップは「その条件、本当に必要なのか考えていますか?」問題です。

例えばのハナシですが、「固定の光電話(月500円) 」「 24時間ばっちりサポートサービス(月500円)」と「初心者でも大丈夫!インターネットセキュリティ(月500円~)」「これで安心♪ウイルスバスター!(月500円~)」

○○万円欲しければこれらを加入せよ(3つ)。また、今なら初回無料!と言われるわけです。

1つ1つを見ると必要そうな内容ですし、実際有益であることも多いです。

ですが、これらはキャンペーンが欲しければ、なんて条件で付けられてしまうと、「本当にこれらが私に必要なのか?」ということをきちんと決められないまま勧められるまま一緒に契約してしまい、後から後悔する、なんてことも…

例え500円と言えども侮るなかれ。

半年過ぎれば、 オプション3つ(500円×3つ) × 6ヶ月 = 9,000円!!

とくに利用していないのに勝手に差っ引かれている! 納得いかない~~~~! けど契約したのあなただよね? な状況になるので、じっくり吟味して必要ないのであればそのキャッシュバックはスッパリ諦めてください

相手はあなたがそのオプションの存在を忘れてしまうことを望んでいます!気付かれないようにオプション代として少しずつ搾取するチャンスを狙っている! と思えば、そのキャッシュバックが甘い罠であることが理解できると思います。

なので有料オプションの加入条件がない代理店を選びましょう。

キャッシュバックや特典が届く期間をチェックすべし!

ほとんどの代理店では24ヶ月の継続が条件、と書いてあったりします。
流石に2年後にキャッシュバック渡します♪なんて言われたらいくら温厚な私でも即消費者センターに連絡します。

なので継続したと思われる期間(半年だったり、10か月だったり1年だったり)経過した後、まだ継続していることを確認できたらキャッシュバックお渡しします。という説明を代理店はのたまうわけですが…はっきり言いましょう!

そんなのはまるっきり建前です!代理店はあなたがその期間中にキャッシュバックの存在をすっかり忘れることを期待しています!!!!

だって代理店にとっては1か月で解約されようが2年継続しようが、支払われる手数料は変わりませんから。

つまり、公式がすぐ辞められて困ろうが、ユーザーから最初聞いた話と違う!とクレームが入ろうが、そんなことは代理店には関係ないわけです。初期工事が完了した時点で手数料は出ますからね。
ごく一部、最短3か月ほどでキャッシュバックが還元される代理店もあります。

具体的なキャッシュバックの申請方法を事前に把握せよ!

キャッシュバックの申請をわざと複雑にして、ハードルを上げる方法をとる代理店も多いです。
よくある手ですね。

最悪なものだとユーザー側が書類を申請をするお手紙(封筒に折り返し用切手を同封するらしい)を出して、有料でA4サイズの封筒をこちら払いで送んなきゃいけないの? 経費で払えよ! なんていうことも。

ちなみにここまでひどいのはさすがに代理店しかやりません(笑)。さすがに光回線を扱うような天下の大手企業がそんなせこいマネはしません。ですが、公式にしたってこんなもんです。


「公式が用意したメールアドレスに6か月後にそっとメールを送るよ(※気付かなくてもいいよ!)」

「そのメールに沿って住所やメールアドレスなどの基本情報を記入して送信してね(※2週間以内送れなかったらOUT!)」

「その住所に重要書類を送るので、送付してね!(※2か月以内に送れなかったらOUT!)」

「そこに記入している内容が間違っていなければ書類に書いてある銀行口座に1万円渡すね!(※間違っていたらOUT!)」

どこのロープレ!?
「ゆうしゃのつるぎを 手にいれるために ゆうしゃの洞窟 でまほうのかぎを 手に入れるために トラノマキ町でふねをだしてもらうために 船長のむすめをたすけに行くために とうぞくのとうにいこう!」みたいな・・・
長いよ!? ってなりますよね。

だってこれ実際に必要なのってお申し込みをする人の口座番号だけじゃないですか。
お申し込みの際に基本事項記入しているので住所もメールアドレスも必要ないし、なんでこのご時世に書類を紙ベースでやり取りしなきゃいけないの?ってなりますし、そもそも振り込むだけなら印鑑も必要ないよね? とものすごくツッコミしたいです。

要するにこれもキャッシュバックを払いたくないがための先方の張ったワナです。やろうと思えばシンプルに「電話で口座番号を聞けばすむ」だけの話を半年以上引き延ばして手作業なんて無駄もいいところな過程をわざわざ作るなんてあまりにもあからさますぎて怒りを通り越してあきれてしまいます。

上記のポイント4つを把握していれば、決して悪質な代理店に引っかかることはなくなりますので、ぜひチェックしておいてくださいね。

 

4つのポイントをクリアできる代理店はここだ

申し込みをすると最短2か月で電話一本で口座に振り込み完了してくれるただひとつ代理店

さてこれらのポイントが全てクリアされている代理店はあるのでしょうか?
私の知るところ極々少数ですが存在します。

それがNNコミュニケーションズです。

こちらのポリシーは「確実にキャッシュバックを還元!」なんです。

キャッシュバックの条件は「NNコミュニケーションズから光回線の申し込みをする」だけで余計なオプションは不要です。

そして最短2か月で指定の口座番号に現金が振り込まれます。そのうえ、手続きが「電話一本」。

流れで言うと

NNコミュニケーションズのWEBサイトから申し込み ⇒ コールセンターから折り返し ⇒ 問題なければここで口座番号を確認 ⇒ 初期工事が完了したら自動的に口座に振込

つまり、ユーザー側のアクションはなんと最初の申し込みだけなのです。

しかもキャッシュバックは代理店キャッシュバックとプロバイダーキャッシュバックで合計すると
ネット+ひかり電話:33,000円
ネットのみ:40,000円

※戸建て、マンション問わず
というもの。

また蛇足ではありますが、これは公式キャンペーンとは別になるので、公式サイトやショップで申し込むとこれらはもらえませんのでご注意ください。

実はあからさまに胡散臭いので、直接確認しちゃいました。代理店ではありませんが、電化量販店に騙されてますからね。

そうしたらはっきりと弊社ではそういった条件は一切ありません、と断言されました。

どうやらそういった施策は非常にクレームを生むそうで、キャンセル率が非常に高くなってしまうから、そっちの方が困ってしまうそうです。ですから、極力ユーザーのストレスをなくして、真面目に対応する方が、信頼性があがってプラスになる、という方針。

言われると「なるほど…」となりました。

まだまだ他の代理店では自社の利益しか見えていなくて最終的にキャンセルが多くなってしまう、という悪循環に陥っているそうです。

調べてみるとNNコミュニケーションズはKDDIからも毎年表彰状を送られている超優良店として業界内では有名みたいですね。

光回線オススメランキング
  • auひかりおすすめランキングはこちら
  • フレッツ光おすすめランキングはこちら
  • NURO光おすすめランキングはこちら
  • Softbank光おすすめランキングはこちら
  • OCN光おすすめランキングはこちら
  • BIGLOBE光おすすめランキングはこちら
PAGE TOP↑