ビッグローブ光で地デジを観られるの?光テレビオプションで可能です!

ビッグローブ光テレビ ビッグローブ光
こまきち
こまきち

光回線があれば地デジ放送が視聴できるって聞いたんだけど、ビッグローブ光でも回線申込をすればテレビが観られるようになるのかな?

地デジ放送を観る方法といえば、「自前で受信アンテナを用意する」「ケーブルテレビの視聴サービスを利用する」などがありますが、

光回線サービスでも・・・テレビを視聴できます!
もちろん、ビッグローブ光でも。

ただし、オプションサービス「ビッグローブ光テレビ」の申し込みが必要です。

ごく稀にですが、ネットはサービス提供エリアに入っているけど、テレビはサービス提供エリア外って事もあります。ビッグローブ光の申し込み前に問い合わせをして聞いておきましょう。

さて、本記事ではビッグローブ光の光テレビサービスについて、掘って掘って掘り下げていきます!
ビッグローブ光の申し込みと同時にテレビ視聴サービスを利用したいと考えている人は、サービス内容をしっかりと確認しておきましょうね。

ビッグローブ光テレビとは

まずはじめに、ビッグローブ光とはNTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光回線とBIGLOBEのプロバイダサービスをまとめたもので、光コラボレーションという新しいインターネット回線サービスのことをいいます。通信品質はフレッツ光と同等でありながら、回線+プロバイダの一体型料金なのでお得に利用できますよ。

ビッグローブ光テレビは、このビッグローブ光を利用したテレビ視聴サービスで、光回線サービスとは別にオプションサービスの契約が必要です。

一般的なテレビの視聴方法といえば、自宅の屋根やマンションに設置したUHFアンテナやパラボラアンテナを使うと思いますが、ビッグローブ光テレビの場合はアンテナが不要です!ビッグローブ光の光ファイバーと同軸ケーブルを使ってテレビを視聴できるのです。

ビッグローブ光テレビ

ビッグローブ光テレビなら、アンテナを必要としないので建物の外観を損なわなし、雨や雪、風などの悪天候でも電波が乱れにくいので快適なテレビ視聴ができますよ。

ビッグローブ光テレビの初期費用

ビッグローブ光テレビの利用には、ビッグローブ光の工事とは別に、テレビ視聴用の接続工事が必要になり、工事費が発生します。

工事費は2つに分けられます。

  • 基礎工事費
  • 屋内配線工事費

何が違うかというと、基礎工事は【外工事】、屋内同軸配線工事は【家の中の工事】というわけです。

まずこの基礎工事費は、一律 3,000円です。外の工事は基本同じですからね。

屋内同軸配線工事費は、テレビ1台であれば6,500円で確定ですが、複数台配線となると別途料金が掛かります。

内訳の参考例は下記のとおりですが、現場によって変動があるので、工事費の詳細はビッグローブ光開通センターに問い合わせをしておくといいと思います。

テレビ複数台配線工事の場合(2~4台)

19,800円

端末接続工事

3,300円

端末設定工事

1,700円~

テレビ端子接続工事

3,500円

同軸ケーブル新設工事

5,000円

同軸コード新設工事

800円~

ブースター設置工事

12,000円

2分配器新設工事

2,800円

3/4分配器新設工事

4,000円

6/8分配器新設工事

6,500円

同軸基本工事

4,500円

チェックポイント

屋内同軸配線工事を「自分でやる!!」という人は、工事費の支払いは必要ないです。ただし、テレビ1台分の費用6,500円は最低かかると思っておいたほうが良いでしょう。

ビッグローブ光テレビの月額料金

ビッグローブ光テレビは、インターネット回線の月額基本料金とは別に、750円(税別)の月額基本料金が掛かります。

この750円で視聴できる番組は地上デジタル放送です。NHK総合テレビやNHK Eテレをはじめ、ビッグローブ光テレビを視聴する地域の地方民放局の視聴が可能ですよ。

また、ビッグローブ光テレビの月額料金内でBSデジタル放送の視聴も可能です。視聴できるのは以下の11チャンネル!

  • NHK BS
  • NHK BSプレミアム
  • BS日テレ
  • BS朝日
  • BS-TBS
  • BSジャパン
  • BSフジ
  • BS11
  • TwellV
  • 放送大学
  • Dlife
チェックポイント

インターネット回線を使ったテレビ視聴サービスなので、NHKの受信契約や受信料の支払いは必要ないと思っている人が多いんですが、残念ながらNHKの受信契約は別途必要です。ちゃんとお支払いください・・・!

ビッグローブ光テレビのエリア

テレビ視聴が可能な建物タイプは、東日本と西日本で変わるのでご注意を!

  • 東日本 ・・・ 戸建てファミリータイプ光配線方式のマンションタイプ
  • 西日本 ・・・ 戸建てファミリータイプのみ

残念ながら、西日本のマンションタイプではビッグローブ光テレビの申し込みができないということですね。

東日本の提供エリア

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県(一部提供)・福島県(一部提供)・北海道(一部提供)

西日本の提供エリア

大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・広島県・岡山県・香川県・徳島県・福岡県・佐賀県

上記の提供エリアに記載のない県にお住まいの方は・・・残念です・・・。

なお、提供エリアに住んでいる人でも、提供できない場合もありますので、お申込前に確認が必要です!

ビッグローブ光テレビのメリットとデメリット

ビッグローブ光テレビのメリット

ビッグローブ光テレビのメリット
  • アンテナ不要なので建物の外観を損なわない
  • 初期費用がアンテナ設置よりも安い
  • アンテナ不要なので、雨や雪・風などの悪天候の影響を受けない
  • サービス解約に解除料が発生しない、電話1本で済む

ビックローブ光テレビの最大のメリットといえば、アンテナが不要なので建物の外観を損なうことがない点です。新築一戸建ての人が申し込みをすることが多いようですよ。

初期費用はアンテナを立てるよりも安いです。アンテナの設置は安いところでも5万~6万円くらい掛かりますからね。

あと、アンテナの場合は天候に影響される場合がありますが、ビッグローブ光テレビなら停電しない限り大丈夫です!

オプションサービスの解約にお金が掛からない点も重要なポイントです。インターネット回線のように2年契約・3年契約などの縛りがないんです。オプションサービスの解約を申し出るだけで良く、電話1本で解約できるので気楽です(解約の際の電話番号は、0120-86-0962)。

ビッグローブ光テレビのデメリット

ビッグローブ光テレビの唯一のデメリットといえばランニングコストでしょうか。月額料金750円ですね。アンテナ設置の場合は月額料金が掛かりませんからね。とはいえ、アンテナ設置の方もメンテナンスコストがあるので、ビッグローブ光テレビの月額料金がデメリットであるとは一概に言えないかもしれません。

ビッグローブ光で地デジを観られるの?のまとめ

ビッグローブ光のオプションサービス「ビッグローブ光テレビ」を利用することで、地デジ放送を視聴できます!

ビッグローブ光テレビは、アンテナ設置をしたくない人、アンテナの受信感度が悪い地域に住んでいる人などが申し込みをすると便利なオプションサービスです。

ビッグローブ光テレビの特徴注意点
  • アンテナ不要なので建物の外観を損なわない
  • 初期費用がアンテナ設置よりも安い
  • アンテナ不要なので、雨や雪・風などの悪天候の影響を受けない
  • サービス解約に解除料が発生しない、電話1本で済む
  • フレッツ光のフレッツTVと同じサービス
  • サービス提供エリアに制限があり、申し込みできない場合もある
  • 初期費用と月額料金が掛かる

ビッグローブ光とビッグローブ光テレビを申し込むなら、キャッシュバック特典が貰えちゃう正規代理店のNNコミュニケーションズがおすすめでーーす!

ビッグローブ光の申し込みでキャッシュバックを貰っちゃおう!
タイトルとURLをコピーしました