ADSL終了間近?ADSLユーザーが光回線に乗り換えるならドコモ光!

ADSLからドコモ光 ドコモ光

ADSLサービスの提供終了をアナウンスし始める事業者が増えてきました。

NTT東西のフレッツ・ADSLは、2023年1月31日をもってサービス提供を終了すると告知しています。また、ソフトバンク株式会社のYahoo! BB ADSLは、2024年3月末をもってサービス提供終了です。

ADSLサービスの契約数は、2005年度の568万件をピークに、2017年度には85万件までに減少したそうです。この記事を書いている2019年現在は更に減少しているのでしょうね。

ADSLユーザーの多くがフレッツ光をはじめとする何らかの光回線サービスに乗り換え、より高速で快適なインターネットを楽しんでいるのだと思います。

国内初の商用ADSLサービスが開始された1999年から20年が経ち、ADSLサービスの役目が終わりを迎えようとしています・・・。

MM総研によるブロードバンド回線事業者の加入件数調査によると、NTTの光回線(ドコモ光などの光コラボおよびフレッツ光)は、2019年3月末時点で2,107万件を超えているそうです。

光回線はユーザー数が多く実績豊富、そして、ADSLよりも通信品質が圧倒的に高いので、乗り換え先の回線サービスとして安心できるし満足もできるでしょう。

本記事では、現在ADSLサービスを利用していて「そろそろ光回線サービスへの乗り換えを考えないとなぁ」と思っている人にドコモ光の良さを知ってもらいたいと考えています。

ドコモ光を利用すべき人とは…

ADSLユーザーにとって光回線サービスの乗り換え先はいくつもあります。

メジャーどころでいえば、フレッツ光・ドコモ光・auひかり・SoftBank光・ビッグローブ光・So-net光・OCN光などですね。

マイナーな光回線サービスまで含めると500以上あるといわれています。多すぎる!
自分がどのサービスを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

本記事では、ADSLユーザーの乗り換え先に「ドコモ光」を推しているのですが、向き不向きがあるので全員にすすめているわけではありません。

では、どのような人がドコモ光の利用に向いているのでしょうか。

答えはとてもカンタンで、ドコモの携帯電話サービスを利用している人です。

なぜなら、ドコモ光回線とドコモ携帯電話のセット利用で、月額料金の割引を受けられるからです。

また、ドコモ光の申し込み特典で、d払いなどで使えるdポイントも貰えちゃいます。

このような理由から、ドコモの携帯電話ユーザーにドコモ光の利用をおすすめしています。

それから、気になるサービス利用料金についてです。

ADSLの月額料金は、事業者・プロバイダ・プランなどによって変わると思いますが、大体2,000円〜4,000円くらいでしょうか。

光回線サービスの月額料金は、ADSLよりも通信品質が遥かに良いので当然高くなります。
ドコモ光の場合は、戸建タイプで5,200円集合住宅タイプで4,000円ですね(タイプAプロバイダ選択時)。

ADSLサービスの低料金を好んでいた人には、光回線サービスの料金に不満を持ってしまうかもしれません。

しかし、値上がりに見合うだけの通信品質を手に入れられるのでそこは我慢しましょう。それに、ドコモの携帯電話ユーザーなら月額料金割引も受けられるので、通信費用を抑えることもできますから。

光回線への乗り換えを薦めるかは、このサービス料金の違いに納得できるかどうかが大きかったりします。

ドコモ光の初期費用(回線工事費と契約事務手数料)

ドコモ光の初期費用は、回線工事費と契約事務手数料に別れます。

契約事務手数料は、新規・転用・事業者変更申込いずれも3,000円です。

申込種別

契約事務手数料

新規

3,000円

転用

3,000円

事業者変更

3,000円

回線工事費は、新規申込の戸建てタイプで18,000円マンションタイプなら15,000円です。

転用申込の場合は、速度変更なしなら0円速度変更ありなら2,000円〜15,000円です。

事業者変更は、既存のネット環境はそのままに、事業者だけを変更するので工事不要です。

新規申込の工事料金

 

ドコモ光の工事料金

戸建タイプの場合

今なら新規工事料 無料!
18,000円

マンションタイプの場合

今なら新規工事料 無料!
15,000円

転用申込の工事料金

 

ドコモ光の工事料金

最大速度そのままで転用の場合

0円

転用時に最大速度を変更する場合

2,000円〜15,000円

回線工事料金は代表例なので、別途料金が必要になる場合もあります。ドコモ光の申し込み時に工事費の総額を確認しておきましょう!

ドコモ光にはプロバイダが23社ある

ADSLサービスでは、プロバイダが選べるところと決まっているところがあります。フレッツ・ADSLでは複数社のプロバイダが用意されているし、Yahoo!BB ADSLはYahoo!BBで固定されています。

ドコモ光には23の提携プロバイダがあります。

タイプAのドコモ光プロバイダ

ドコモnet、ぷらら(plala)、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、Tigers-net.com、BIGLOBE、ANDLINE、SYNAPSE、excite、エディオンネット、SIS、Rakutenブロードバンド、TiKiTiKi、hi-ho、@ネスク、01光COARA

タイプBのドコモ光プロバイダ

OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

月額料金は、タイプAとBのプロバイダでことなります。

ドコモ光対応プロバイダ

月額基本料金(2年定期契約)

戸建

マンション

タイプA

5,200円

4,000円

タイプB

5,400円

4,200円

ドコモ光の速度

ADSLサービスの速度は最大でも50Mbpsくらいですよね。

しかも、基地局までの距離や幹線道路の有無による電波障害などが速度に強く影響します。

50Mbpsコースであっても実測値は6〜7Mbpsというのも珍しくありません。しかも、通信がプツプツ切れることもよくある話ですね。

ドコモ光の速度は最大1Gbps。単純計算でADSLの20倍の速さです。

光回線も表記どおりの速度がでることは無いですが、それでもADSLより高速なのは確かです。光回線なら基地局の距離や幹線道路の有無による電波障害の心配もないので通信品質は良好ですよ。

ドコモ光提供プロバイダの中には、次世代インターネット接続サービスのIPv4 over IPv6に対応している事業者が14社あります。より快適なネット接続のためには、この中からプロバイダを選ぶと良いですよ。

特典がもらえるドコモ光キャンペーンとは

ADSLサービスからドコモ光に乗り換えると、お得な申し込み特典が貰えます!特典は、ドコモ光公式特典とドコモ光プロバイダ・代理店特典の2種類があります。

ドコモ光公式サイトから申し込みをすると公式特典しか貰えませんが、提携プロバイダや代理店が実施しているドコモ光キャンペーンサイトからの申し込みであれば、公式特典+提携プロバイダ特典(代理店特典)の両方貰えるのでお得です。

ドコモ光公式特典

  • dポイント 最大10,000pt進呈
  • ドコモ光 新規工事費無料

ドコモ光プロバイダ・代理店特典

ドコモ光プロバイダや代理店の特典は、各プロバイダ、各代理店によって特典内容がことなります。

ここでは、当サイトがおすすめしている「ぷらら」が実施しているドコモ光キャンペーン特典を紹介します。

  • 15,000円 キャッシュバック
  • IPv6対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 訪問設定サポート初回無料
  • セキュリティソフト(マカフィー)最大24ヶ月無料

このように「ドコモ光ぷららが実施しているキャンペーン」ならお得な特典がたくさん貰えます。

ADSLユーザーが光回線に乗り換えるならドコモ光のまとめ

じきに迎えるADSLサービスの終了に伴い、光回線サービスへの乗り換えを検討しはじめた人も多いはず。

あなたがドコモの携帯電話ユーザーなら、ドコモ光への乗り換えをおすすめしています。

なぜなら、以下のお得な特典が得られるのはドコモの携帯電話ユーザーだけだからです。

ドコモの携帯電話ユーザーがドコモ光で得するポイント
  • ドコモケータイ+ドコモ光のセット利用で月額料金割引あり
  • ドコモ光の申込特典で、最大10,000dポイントが貰える

もちろん、特典だけが良いわけではなく、回線サービスの品質も良好ですよ。

タイトルとURLをコピーしました