まさかの「ドコモ光が遅い」!?口コミ・評判

ドコモ光のv6プラスなら速度遅延の心配なし ドコモ光

ドコモ光の口コミ・評判を見てみると、ちょっと意外な声が上がっていました。

それは、ドコモ光にしたけど速度が遅い!という口コミです。

こういった声をちらほら見かけます。ドコモ光は携帯のドコモユーザーの人は特にお得に利用することができるお得な光回線です。
だからといって利用する時にインターネット通信の速度が遅いと利用する意味があまり無いですよね。

ドコモ光は高速通信サービスである『v6プラス』を提供しています。本来であればこのv6プラスで通信できていれば、思わずネット上に書いてしまうほどネット回線が遅くなることは無いはずです。

今回はドコモ光で提供している高速通信サービス『v6プラス』がきちんと使えているか、サービス内容も含めて確認方法をご紹介していきます。

v6プラスならGMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光の通信速度が早い理由は「v6プラス」

ドコモ光のメリットの1つに次世代通信規格の『IPv4 over IPv6機能』によるIPv6接続ができるという点があります。

これまでの光コラボ回線では、インターネット回線の使用が集中する時間帯は速度が遅延する問題がありました。
現在最も使われているインターネット通信の規格「IPv4接続」では光回線はプロバイダが使用するネットワーク終端装置(NTE)を介して通信する仕組みになっています。このNTEは一つ一つのネット通信を区別する「IPアドレス」を認証していく役割をしていて、一度にデータを転送できる量に限りがあります。

現在ではインターネット利用数が爆発的に増大し、通信が集中する時間帯はその終端装置が混雑するため、処理のスピードが利用者が不便に感じる程の遅さとなってしまう状態なのです。

そこで導入されたのでこの「IPv6接続」で、このIPv6接続ではNTEを使用せず、GWRという装置を使用します。NTEの時のような混雑を招く認証作業をしないので、アクセスの集中する時間にとらわれることがなくなります。

IPv6接続は便利な通信方式ですが、サイト自体が対応していないと閲覧することができません。そこでドコモ光が提供している「v6プラス」というサービスはこの新しい「IPv6接続方式」を使用しつつ、IPv4のみ対応のサイトも同じルートを通して混雑関係なく本来の速度で見ることができる仕組みになっています。

ドコモ光「v6プラス」に対応しているプロバイダは?

ドコモ光の申し込みには25社のプロバイダからから選ぶことができますが、各プロバイダ側で現在ドコモ光のv6プラスへの対応状況は様々です。

v6プラスに対応しているプロバイダは以下です。

  • GMOとくとくBB
  • So-net公式
  • 株式会社DTI
  • BIGLOBE
  • andline
  • Tigers-net.com
  • @nifty
  • plala
  • スピーディアインターネットサービス
  • OCN

ドコモ光のインターネット速度が遅くて困っている人は、申し込み先のプロバイダを一度確認することをおすすめします。

自宅の通信規格はv6プラスになっている?確認方法

v6プラス対応のルーターでインターネットに接続していても、実際にv6プラスがつながっているのかわからない場合、以下のURLにアクセスして確認することができます。

v6プラスで通信しているか確認するサイト

このURLをクリックすると、まず現在IPv6とIPv4のどちらで通信をしているのかが判定されます。

IPv4かIPv6どちらで接続しているか確認する方法

そして、判定結果の下に『v6プラスで接続しているか確認するにはこちら』というリンクがありますので、実際にv6プラスで通信ができているかを確認することができます。

v6プラスで接続しているか確認

v6プラスで接続出来ている状態

v6プラスで接続が出来ている場合は、以下のような表示が出ます。

v6プラスで通信しています

v6プラスで接続されていない状態

v6プラスで接続ができていないと、以下のように表示が出ます。

v6プラスではありません

ドコモ光を契約していて速度が遅いと感じる場合、v6プラス通信の3つの判定ケース別で対処法があります。

3つのケース別 v6プラス通信になっていない時の対処方法

①「IPv4で通信しています」と「v6プラスではありません」の判定の場合

このケースはv6プラスではない、という判定の通りv6プラス通信ができていない状態です。
そもそも使用しているルーターが「v6プラス」に対応していない場合、この表示が出ます。v6プラス対応のルーターを購入するかドコモ光もしくはプロバイダからレンタルをすることをおすすめします。

②「IPv6で通信しています」と「v6プラスではありません」の判定の場合

このケースも①と同じくv6プラス通信ができていない状態です。
ですがIPv6での通信はできているので、v6プラス通信対応のルーターを使用していないか、対応したルーターが正常に設定が完了していない状態が考えられます。対処法としてはWi-Fiルーターの初期化して、30分ほど経って再度起動をすることをおすすめします。

③「IPv4 IPv6両方で通信しています」と「v6プラスではありません」の判定の場合

このケースの判定になる状態はなかなか起きないようですが、この場合はIPv4接続をしている機器(ひかり電話対応ルーターまたはv6プラス対応Wi-Fiルーター)の初期化を試すことをおすすめします。

まとめ:v6プラスを活用して快適なインターネット通信を

当サイトでも過去記事でインターネット回線の仕組みにも触れてお伝えしてきましたが、もともとパソコン操作などに苦手意識があると、インターネットの速度が遅くても原因を突き止めて解決方法を探す…なんてなかなか出来ないですよね。

そもそも速度がはやいですよ!って点に魅力を感じてドコモ光に申し込みしているわけですし、開通してみれば遅いと落胆してしまってつい口コミにも遅いって書いてしまうのもしょうがありません。他の光回線に変えてしまうのも手段の一つだと思います。

もし他回線に切り替えるとしたら、やはり手間暇と費用がかかってしまうので、もし今回の記事を読んで原因と解決方法がわかって快適にドコモ光でネット通信ができるといいなと思います。

ネット上で「速度が遅い」という口コミ・評判を見つけてしまってドコモ光にするか、今いち迷っている方にも今回の記事の内容がお役に立てたらと思います。さらにドコモ光はプロバイダから申し込みをする場合に様々なキャンペーン特典を受けることができます。毎月費用のかかるインターネット回線のことなので、キャンペーンでお得な利用方法をご検討ください。

ドコモ光のキャンペーンサイトからv6プラスを申し込む

タイトルとURLをコピーしました