今フレッツ光なら転用したほうがお得!おすすめの光コラボレーション事業者は?

フレッツ光から転用したい!おすすめ転用先の光コラボレーション事業者は? フレッツ光

フレッツ光から乗り換えようと思っているんだけど、どこがいいかな?

現在フレッツ光を使っているなら、光コラボレーション事業者に転用することをおすすめします。
転用なら工事は必要なく電話番号もそのまま引き継ぎでき、何よりだいたいの場合月額料金が安くなります!

この記事では”転用”の解説と、オススメの光コラボレーション事業者をご紹介しちゃいます。

転用とはフレッツ光から光コラボへ乗り換えること

光回線の事業者を変更する場合、一度解約して再度別の事業者に契約するため手間と費用が掛かります。
解約金や工事費の残債、契約金や新規開通工事なども考えなくてはいけないし、電話番号も変わってしまう可能性があります。

しかしフレッツ光から光コラボレーション事業者に変更する場合は、とても簡単に乗り換えられるんです。
フレッツ光から光コラボに乗り換えることを転用と言います。

光コラボレーション事業者とは

プロバイダなどの事業者がフレッツ光の回線を借り自社のブランド名をつけて展開するインターネットサービス。
例えば『ソフトバンク光』『ビッグローブ光』『@Nifty光』などが光コラボレーション事業者です。

転用のメリット

転用のメリットは主に3つあります。

  • 月額料金が安くなる場合が多い
  • スマホとのセット割などの特典が豊富
  • プロバイダと回線の請求が一本化できる

特に月額料金やスマホとのセット割など、料金が安くなるのは大きなメリットですよね!
回線はフレッツ光と同じものを使うため品質も変わらないとなると、変えない理由がちょっと見つかりません。

転用手続き方法

転用はざっくりこんな流れで手続きします。

  1. NTTから転用承認番号の取得
  2. 光コラボレーション事業者に申し込み
  3. 開通

NTTの回線をそのまま使用するので工事は不要です。

NTT東日本の転用手続き

フレッツ光 東日本

転用手続きに必要なもの

  • お客様ID、ひかり電話番号もしくは契約者電話番号
  • 契約者氏名
  • フレッツ光利用場所住所
  • フレッツ光利用料金のお支払い方法

※インターネットで手続きする場合はメールアドレスが必要です。

NTT東日本での転用承諾番号発行の手続き

NTT東日本に転用承諾番号を発行してもらいます。
電話かインターネットでの手続きとなります。

WEB光コラボレーション(転用)のお手続き|NTT東日本
(受付時間 8:30~22:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))
電話0120-140-202
(受付時間 9:00~17:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))

光コラボレーション事業者での手続き

転用承認番号は有効期限(15日間)があるので取得したら早めに申し込みをしましょう。

希望の光コラボ業者に申し込みます。
申し込みの際に必ず転用だと伝えましょう。

たとえばビッグローブの場合は転用専用の申し込みフォームがありますし、ソフトバンク光の場合は現在フレッツ光を使用しているかどうか質問され、転用かどうか判断されます。

ソフトバンク光 転用

NTT西日本の転用手続き

フレッツ光西日本 転用

転用手続きに必要なもの

  • 「フレッツ光」のお客さまID(CAF/Lで始まる番号)、ひかり電話の電話番号等
  • 「フレッツ光」のご契約者名
  • 「フレッツ光」のご利用場所住所
  • 現在のお支払い方法等

NTT西日本での転用承諾番号発行の手続き

NTT西日本に転用承諾番号を発行してもらいます。
電話かインターネットでの手続きとなります。

Web転用のお手続き|NTT西日本
(受付時間 7:00~25:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))
電話0120-553-104
(受付時間 9:00~17:00 土日・祝日も営業(年末年始を除く))

光コラボレーション事業者での手続き

転用承諾番号を準備の上、希望の光コラボレーション事業者に申し込みましょう。
申し込みの際、必ず転用承諾番号を伝えてください。

自社転用と他社転用の違い

「自社転用」「他社転用」という2つの転用があります。
この2つの違いは何でしょうか?

自社転用とは?

インターネットを利用するには、回線とプロバイダの2つのサービス契約が必要となります。
インターネット回線をフレッツ光にしている場合は、OCNやYahooBB、ソネット、ビッグローブなどのプロバイダを利用することになります。

自社転用とは、フレッツ光時に使っているプロバイダが提供する光コラボに転用することを指します。

例えば、フレッツ光+ビッグローブをビッグローブ光に転用、フレッツ光+YahooBBからソフトバンク光に転用することです。

他社転用とは?

他社転用とは、現在利用しているプロバイダとは別のプロバイダの光コラボに転用することです。

例えば、フレッツ光+OCNからビッグローブ光への転用、フレッツ光+ソネットからソフトバンク光へ転用するなど、プロバイダを変更すると他社転用となります。

他社転用の場合は、現在契約中のプロバイダは解約となります。
違約金がかかる可能性があるので注意が必要です。

オススメ転用先の光コラボ事業者

ソフトバンク光

ソフトバンク光

自分や家族がソフトバンクのスマートフォンをお持ちなら断然ソフトバンク光がオススメ
月額料金が安くなるだけでなく、おうち割でスマホの料金も安くなるからです!

ソフトバンク光へ転用するなら代理店エヌズカンパニーがお得です。

ビッグローブ光

ビッグローブ光

自分か家族がauのスマホを使っているならビッグローブ光がオススメ
月額料金が安くなり、auスマートバリューでスマホの料金も安くなるからです。

ちなみにauひかりもありますが、auひかりは光コラボではなく独自の回線を使用しています。
そのためフレッツ光⇒auひかりの乗り換えは転用には当たらず、手間と費用が掛かります。

そのためフレッツ光から乗り換えの場合はビッグローブ光をお勧めします。
ビッグローブ光へ転用するなら代理店NNコミュニケーションズがお得!

フレッツ光から転用したい!のまとめ

NTT東日本もNTT東日本西日本も現在は法人契約をメインで考えているようなので、個人契約の方は転用した方がより良いサービスを受けられると思います。
ただ転用先の事業者の選定は慎重に!
契約期間や特典など、申し込み前にじっくりチェックしましょう。

どうせ転用するなら、お持ちのスマートフォンとセットで割引の特典がある事業者で申し込んだほうがお得な可能性高いですよ~!

  • フレッツ光から光コラボ事業者に乗り換えることを転用と言います
  • 転用は乗り換えの手間と費用が大幅に軽減されています
  • 転用先はスマホとのセットが組める事業者選択が吉!
タイトルとURLをコピーしました