『@nifty光ライフ with フレッツ』と『@nifty光』の違いは?

@nifty光ライフ with フレッツ @nifty光

『@nifty光ライフ with フレッツ』『@nifty』は名前も回線も大変似ていますが別物です。

簡単に言うと

  • @nifty光ライフ with フレッツは回線がNTTでプロバイダーがニフティ
  • @nifty光は回線をNTTから借りてニフティが提供しプロバイダーもニフティ

という違いです。

・・・ほら、こんがらがってきました(笑)

今回は@nifty光ライフ with フレッツと@nifty光のそれぞれの特徴と違いと、転用がおススメな理由を紹介します!

@nifty光ライフ with フレッツとは

@nifty光ライフ with フレッツ

NTTが提供する光回線をフレッツ光と言います。
光回線の使用にはプロバイダとの契約が必要になるのですが、フレッツ光の場合はたくさんのプロバイダの中から選択できるようになっています。

≪フレッツ光 プロバイダ例≫

フレッツ プロバイダ例

プロバイダに@niftyを選ぶと『@nifty光ライフ with フレッツ』になります。

@nifty光ライフ with フレッツのメリット

多数のプロバイダーから自分にあった事業者を選択できます。

@nifty光とは

NTTが提供する光回線を借り、自社のブランドで販売・提供することを光コラボレーション(略して光コラボ)と言います。
@nifty光はニフティが展開する光コラボ回線です。

@nifty光のメリット

  • プロバイダーと回線が同じニフティであるため請求が1か所で済む
  • @nifty光独自のキャンペーンがある事

au携帯とのセット割引『スマートバリュー』

auのスマホユーザーが家族にいれば、@nifty光および@nifty光電話を利用するとauスマホの毎月の利用料金が割引きされます。

auスマートバリュー

参考記事:@nifty光の評判から見えてくるメリットまとめ

インターネット速度の違いは?

光回線を選択する際、重視するポイントの1つはインターネットの通信速度ですよね。
『@nifty光ライフ with フレッツ』と『@nifty光』のインターネット速度はどっちが速いのかといいますと・・・

全く同じです。

@nifty光ライフ with フレッツはNTTの光ファイバーを利用してインターネットサービスを提供しています。
@nifty光は光コラボ事業者なので、NTTから光ファイバーを借りてインターネットサービスを提供しています。

結局同じ回線なのでインターネットの通信速度について同じということになります。

月額料金の違いは?

『@nifty光ライフ with フレッツ』と『@nifty光』の月額料金については違いがあります。

@nifty光ライフ with フレッツの月額料金

@nifty光ライフ with フレッツは回線はNTTですが、NTTがプロバイダ機能を持っていないため、必ず別のプロバイダ会社に加入します。
NTTとプロバイダの2か所に支払う形になり、月額料金はプロバイダ毎に差があります。

@nifty光ライフ with フレッツ 月額料金

@nifty光ライフ with フレッツの月額料金表 

NTT東日本エリア、戸建て住宅の場合。

 @nifty月額料金フレッツ光月額利用料月額費用合計
ホームタイプ
フレッツ 光ネクスト
ギガ・スマートタイプ
2,000円通常価格 5,700円
にねん割適用時 5,000円
にねん割適用時
7,000円
ホームタイプ
フレッツ 光ネクスト
ギガラインタイプ
2,000円通常価格 5,400円
にねん割適用時 4,700円
にねん割適用時
6,700円
ホームタイプ
フレッツ 光ネクスト
2,000円通常価格 5,200円
にねん割適用時 4,500円
にねん割適用時
6,500円

@nifty光の月額料金

@nifty光の場合は回線提供元とプロバイダが同一のニフティ1社のみとなる為、プロバイダー料金込みの月額料金となります。

@nifty光の月額料金表

戸建て住宅の場合。

月額費用(税抜)
ホームタイプ5,200円
マンションタイプ3,980円

比べると@nifty光ライフ with フレッツより@nifty光の方がお安いですね!

フレッツ光からニフティ光への転用のメリットは?

月額料金が安くなる

単純に比較して@nifty光の方が月額料金が安いです。

auスマホとのセット割引が適用される

@nifty光および@nifty光電話と、auスマホを利用中なら@nifty光×auスマートバリューに申し込むことができます。毎月のスマホ代が安くなります!

フレッツ光で利用している固定電話の番号がそのまま引継げる

現在使っている固定電話がNTTで発行した番号なら、@nifty光の光電話でも同じ番号のまま利用することが可能です。

フレッツ光工事費、解約金不要で乗換え簡単

@nifty光への転用なら、フレッツ光の回線をそのまま利用する為に工事は不要となります。

ただ現在利用しているフレッツ光回線の状況によっては工事費用がかかる場合もあるので、転用切替え時に必ず確認しましょう。

フレッツ光からニフティ光への転用のデメリットは?

フレッツ光に戻すことができない

フレッツ光から @nifty光に転用した後、またフレッツ光に戻すことはできません。

どうしても戻したい場合は一度光回線を解約してまた新規でフレッツ光に加入する流れになります。

メールアドレスの引継ぎができない

フレッツ光で利用しているプロバイダーのメールアドレスは引継ぎができません。

どうしても継続して使用したい場合はプロバイダーに連絡をしてメールアドレスだけ残す有料プランに変更する必要があります。

転用の手続き方法

@nifty光ライフ with フレッツから@nifty光へ転用するには「転用承諾番号」が必要となります

手続き方法は2つパターンがあります。

  • インターネット上での手続き
  • NTTに直接電話

インターネット上での手続き

下記サイトから手続きします。

NTTに直接電話

転用承諾番号の専用電話番号に電話し、オペレーターに依頼します。

  • NTT東日本 0120-140-202(受付時間9時~17時)
  • NTT西日本 0120ー533-104(受付時間9時~17時)

転用番号取得後の流れ

  1. 転用承諾番号を取得したらニフティ光申込み代理店へ連絡
  2. 必ず転用承諾番号を伝える
  3. ニフティ光からの転用切替日に切替日の案内
  4. 接続、設定をして完了

『@nifty光ライフ with フレッツ』と『@nifty光』の違いのまとめ

今回は@nifty光ライフ with フレッツと@nifty光の違いについてご紹介してみましたがいかがでしょうか?

フレッツ光ではプロバイダーが選択でき、自分にあったプロバイダー選択が可能です。
プロバイダーにニフティを選んだ状態が『@nifty光ライフ with フレッツ』です。

一方『@nifty光』はNTTからニフティが回線を借りて提供し、プロバイダもニフティが兼ねています。

どちらも同じ回線を利用していますが、料金や割引キャンペーンなどが豊富な@niftyの方がお得ですね!

もし@nifty光ライフ with フレッツをお使いならこの機会に一度転用をご検討をしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました