@nifty光の解約金を0円にする方法+解約手続き方法

@nifty 解約金をゼロにする @nifty光

@nifty光は解約時に解約金が掛かります。
解約金とは、インターネットを解約する際に発生する費用の事です。
@nifty光の契約には2年契約プランと3年契約プランがあり、それぞれ解約金が違います。

実はこの解約金、0円にする方法があるんです。

  1. 更新月に解約をする
  2. ソフトバンク光へ乗り換える

現在、@nifty光を利用中で解約をしたいけど解約金がわからない、どうやってすればいいかわからない、お悩みのあなたにわかりやすく説明していきます。

更新月に解約をする

@nifty光には2年契約プラン3年契約プランあり、どちらも自動更新契約になっています。

2年契約プランは、2年毎の自動更新契約になっていて、更新月以外に解約をすると解約金(契約解除の違約金)がかかります。

3年契約プランも、3年毎の自動更新契約になっていて、更新月以外に解約をすると解約金(契約解除の違約金)がかかります。

月額料金を比較すると3年プランがちょっとお得に設定されていますね。

@nifty 2年プラン 3年プラン

しかし解約金に関しては3年契約の方が高く設定されています。

2年契約プランの解約金は9,500円

3年契約プランの解約金は20,000円

更新月以外に解約すると解約金が発生してしまうので、解約を申し込む前に契約プランの確認と更新月の確認を必ずしましょう。

@nifty光の更新月

2年契約プラン

契約期間は、ご利用開始月と2年間(ご利用開始月の翌月~24カ月目の月末まで)となります。契約は2年満了後に自動更新されます。

契約更新月(契約満了月の翌月)以外に解約またはコース変更すると解約金がかかります。

つまり更新月は契約満了月の翌月になりますから

例えば2017年10月から@nifty光を利用開始としたら2019年11月が更新月となります。
利用開始月を含めてだと26ヶ月目が更新月になるわけです。

2年毎に自動更新が繰り返されていくので、さらにその次の更新月は2021年11月になります。

3年契約プラン

契約期間は、ご利用開始月と3年間(ご利用開始月の翌月~36カ月目の月末まで)となります。契約は3年満了後に自動更新されます。

契約更新月(契約満了月の翌月)以外に解約またはコース変更すると解約金がかかります。

2年契約プランと同様で、更新月は契約満了月の翌月になりますから

例えば2017年10月から@nifty光を利用開始としたら2020年11月が更新月となります。
利用開始月を含めてだと38ヶ月目が更新月になるわけです。

更新月までの契約期間はかわりますが、更新月は2年契約プランと一緒で1カ月間です。


つまりこの更新月のタイミングを狙って、@nifty光を解約すれば解約金が0円に出来るわけです。

契約更新月は「お客様情報一覧」というページから確認することができます。
お客様情報一覧のご契約状況欄にある「契約更新月」をチェックしましょう。

お客様情報一覧ページ|@nifty光

@nifty光の工事費

@nifty光の開通には工事費がかかります。
その工事費は毎月の料金に上乗せで分割請求されます。

2年契約プラン、3年契約プランどちらも工事費は30回払いで戸建てタイプ、マンションタイプの金額は下記の通りです。

 初期費用合計(税抜)
ホーム
タイプ
600円×30回払い
(お支払い総額 18,000円)
マンションタイプ 500円×30回払い
(お支払い総額 15,000円)

もしその工事費が残っている段階で解約をすると、工事費の残債分が別途一括で請求されます。

つまり2年プランだと最初の更新月で解約すると解約金はかかりませんが、工事費の支払いが終わっていないので残債を一括で支払わなければなりません。

3年プランなら最初の更新月で解約すれば解約金もかかりませんし、工事費の支払いが終わっているから何もかかりません。

更新月の解約でも工事費の残債があるとその分は請求されるので注意しましょう。

SoftBank光へ乗り換える

実はSoftBank光に乗り換えてしまえば、解約金や工事費の残債を実質0円にすることが出来ます

SoftBank光は他社からの乗り換えの場合、あんしんのりかえキャンペーンという解約金還元のキャンペーンを行っています。

@nifty光からSoftbank光に乗り換えることで、あんしんのりかえキャンペーンで解約金が還ってきます。

@nifty光の解約をお考えのあなたにはSoftBank光がおすすめです。

あんしんのりかえキャンペーンとは

あんしんのりかえキャンペーンとは、他社からSoftBank光に乗り換えると、解約金や回線撤去費用、工事費の残債、アナログ電話復活工事費など最大10万円まで還元が受けられるソフトバンク公式キャンペーンです。

ソフトバンク光 安心のりかえ

解約金を一度支払って、解約金がわかる証明書類をソフトバンクに送ると、開通から半年後以降に普通為替で最大10万円まで還ってきます。

つまり@nifty光の解約金を一度支払って、後から解約金が還ってくるので実質0円に出来るのです。

同じ住所で、@nifty光からSoftBank光に切り替えるには事業者変更という、今ある回線をそのままSoftBank光に工事不要で切り替える方法があります。

事業者変更をする場合は、@nifty光に電話して事業者変更承諾番号をもらう必要がありますが、SoftBank光のあんしんのりかえキャンペーンは事業者変更承諾番号発行の事務手数料も還元してくれます。

お引っ越しなどで解約をお考えの場合は、新規でSoftBank光へ乗り換えてものりかえキャンペーンは受けられます。

おすすめ代理店エヌズカンパニー

お得にSoftBank光の申込みをするなら、評判の良いエヌズカンパニーという代理店がおすすめです。

エヌズカンパニーはイメージキャラクターに、かわいいタレント長尾真実さん(オスカープロモーション所属)を起用している優良代理店です。

SoftBankから何度も表彰状ももらっていて、よくあるオプション加入なども必要なくキャッシュバックキャンペーンもやっています。

あんしんのりかえキャンペーンなど公式キャンペーンとは別にキャッシュバックがもらえるので、正直ソフトバンクショップで申込むよりお得です。

@nifty光 解約の手続きはこちら

@niftyカスタマーサービスデスクに電話する事で解約手続きが出来ます。

@niftyカスタマーサービスデスク
電話番号:0570-03-2210
営業時間:10時~19時

IP電話や国際電話や携帯電話定額制プランからはこちら
電話番号:03-6625-3232
営業時間:10時~19時

0570から始まるナビダイヤルは、携帯がカケホーダイプランでも有料になってしまうので注意しましょう。

オペレーターにつながったら、あとは解約をしたいと申し出をするだけです。

@nifty光の解約をする際に、niftyIDや契約者本人確認として名前や住所、電話番号、生年月日などを確認される場合があります。
解約の電話をする前に、@nifty光の契約書類も準備しておきましょう。

ちなみに@nifty光は店舗や店頭での解約は一切出来ません。

「@nifty光の解約金を0円にする方法+解約手続き方法」のまとめ

@nifty光の解約金や、解約金を0円にする方法、解約手続きに関して説明してきましたがいかがでしたか?

  • 解約金を0円にするにはまずは更新月に解約をする
  • SoftBank光へ乗り換えれば、解約金の還元が受けられる
  • 解約の手続きは@nifty光カスタマーサービスデスクに電話する

まずはご自分の@nifty光の契約内容の確認をしてみて下さい。

解約金がかかってしまっても、SoftBank光へ乗り換えてしまえば解約金を0円にすることが出来るので上手にお得なキャンペーン受けましょう。

タイトルとURLをコピーしました