NURO光はプロバイダ料金不要って本当?理由は回線事業者とプロバイダの関係性にあり!

NURO光 プロバイダ料金 NURO光

通常、光回線でインターネットに接続するにはプロバイダ回線事業者、それぞれと契約する必要があります。

両者の役割が違うためでプロバイダと回線の両方が無いとインターネットには繋がりません。

しかし世界最速を謳うNURO光だったら、So-net一社との契約だけで済み、回線事業者とプロバイダに分けて料金を支払う必要がありません。

なぜこのような構造になっているのでしょう?

その理由を解説いたします。

プロバイダと回線事業者の役割

インターネット回線を契約する際に良く出てくる言葉『プロバイダ』『回線』

名前を聞いたことが有ってもちゃんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか(私がそうでした!)。

まずは先にプロバイダと回線事業者の役割について確認していきましょう。

回線事業者とは

NURO光 光ファイバー

光回線は光ファイバーを利用して電子信号を送りあうインターネット回線のことです。

その光ファイバーを全国に張り巡らせ、各家庭に提供しているのが回線事業者です。

光回線事業者は下記3タイプに分けられます。

  1. NTT
  2. NTTの光回線を借りて自社ブランドで展開(光コラボレーションといいます)
  3. 独自の光回線で展開(NTT以外)

NURO光は3の独自の光回線で展開している回線事業者です。

他に回線事業者にはNTT、KDDI、ソフトバンクなどがあります。

プロバイダとは

光回線の開通工事が終わりパソコンを繋いだからといってすぐにインターネットが出来るわけではありません。

回線業者とは別にプロバイダとの契約が必要になるからです。

プロバイダはパソコンをインターネットの世界に繋げる役割を担っていて、IPアドレスを各個に発行します。

IPアドレスはインターネット上の住所のようなもので、これを持たないとインターネットが利用できないんです。

プロバイダにはOCN、BIGLOBE、So-netなどがあります。


回線事業者は光ファイバー回線を提供し、プロバイダは光回線を通じてインターネットに繋げてくれる。

この両者が揃うことでインターネットを利用することができます。

NURO光は回線業者とプロバイダが同じ

光回線業者とプロバイダはどこでも選べるわけではなく、組み合わせが決まっています。

例えば『ソフトバンク光』の場合は光回線業者がソフトバンク株式会社でプロバイダはYahoo!BB。

『auひかり』はひかり回線業者がKDDI株式会社でプロバイダはBIGLOBE、So-net、@niftyなど7社から選べるようになっています。

NURO光はちょっと変わっていて回線とプロバイダを同じ会社が担っています。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社さん、略してSo-netです。

So-netってどんな会社?

So-net 公式

So-netはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダ事業のブランドです。

So-netの事を詳しく知らなくても名前は聞いたことがあったり、ロゴマークを見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。

So-netのロゴ

プロバイダ事業としての歴史が長く、可愛いピンク色のクマ達が手紙を運んでくれるメールクライアントソフト『PostPet』の運営元としても有名です。

社名に入っているソニーはもちろんあの世界的企業のSONYのこと。

プレステ4やウォークマンなどのハード製造のイメージが強いですが、保険や出版業、芸能マネージメント、介護、教育などたくさんの事業を展開しています。私もゲームや保険でお世話になっています。

ソニーのグループ会社は1,700社を超え日本一!

So-netことソニーネットワークコミュニケーションズはソニーの通信事業を担う子会社に当たります。

NURO光はプロバイダ料金込み!

NURO光は回線とプロバイダが同じSo-net。

そのためプロバイダ料金が不要・・・

というより、プロバイダ料金が込みになっていると言ったほうが正しかったですね!

NURO光の公式サイトにも同様の表記がありました。

NURO光の特徴

≪お得な料金≫
回線利用料金、プロバイダ料金、無線LAN、セキュリティサービスもついて、月額4,743円

光回線インターネットNURO 光

メリット:回線・プロバイダ料金込みで明細が分かりやすい

フレッツ光などでは回線利用料とプロバイダ料金は別で、2社に分けて支払う必要があります。

明細が別々になると月々の通信費の管理が面倒になってきますが、NURO光では回線利用料もプロバイダ料も込み込みの月額料金になっているため明細が分かりやすいです。

しかも下記表の通り月額料金は比較的安く設定されています。

料金比較

回線利用料プロバイダ料金合計
NURO光4,743円4,743円
auひかり5,100円5,100円
ソフトバンク光5,200円5,200円
フレッツ光東日本5,700円500円~6,200円~

※2年更新の月額料金、機器レンタル込みの場合の比較です。
※分かりやすくするために工事費や月額料金の割引は除外。

こうやって表にしてみるとプロバイダは別会社でも料金は併せて請求というところが増えている事が分かります。

料金が込み込みで分かりやすいのはNURO光だけのメリットとはもう言えないですね。

デメリット:プロバイダを選べない

他の光通信であれば提携しているプロバイダ数社から選べる場合もありますが、NURO光の場合はSo-net一択です。

あまりプロバイダに重きを置かない人は気にならないと思いますが、お気に入りのプロバイダがある人にはデメリットになるかもしれません。

So-netと契約していまいちと思ったのはメールサービス。

無料で使えますが保存期間が2ヶ月しかないのでメインのアドレスとしてははっきり言って使えません。

他サービスでも魅力あるものはあまり見つからず、私にとっては可も無く不可も無くのプロバイダ、という感じでした。

ちなみに私のプロバイダ選択の決め手になるのは価格でそれ以外にあまり求めるものがないため、プロバイダ料金込みで比較的安いNURO光のSo-netさんでばっちりです!

NURO光のプロバイダ料金まとめ

NURO光はソニーの子会社であるSo-netが回線とプロバイダの両方の役割を担っています。

そのため、回線料金とプロバイダ料金が月額料金にまとめられていて料金明細が分かりやすく、しかも比較的安いです!

プロバイダがSo-net一択で選べないというデメリットもありますが、特にプロバイダにこだわりが無ければNURO光はアリだと思います。

タイトルとURLをコピーしました