マンション・アパートに引越し予定の方へ!ソネット光プラス申込時の注意点

インターネット付き物件はよく注意しよう So-net光プラス

So-net 光プラス(ソネット光プラス)を申し込みしたいと考えている人の中で、これからマンション・アパートへ転入居予定の方、こんな疑問はありませんか?

  • 「新しい部屋ってどうやってソネット光を開通させたらいいんだろう?」
  • 「賃貸なんだけど、好きな回線を申し込めるものなの?」
  • 「手続きがよくわからないし、不動産会社の言うとおりにした方が楽じゃない?」

よっぽどインターネット回線の開通や契約の知識が豊富です!といった人ではない限り、普段生活している中で 自分の環境が変わる時に、どうインターネット回線の手続きを行えばいいか、なかなか知らないものです。

新生活をソネット光で契約したい人へ、物件によって違う引越し後のインターネット環境の豆知識をご紹介します。

建物によってインターネットの設備環境が異なる

インターネット回線は電気・水道・ガスと並んでいまや欠かせないライフラインの一つとなり、日常に欠かす事ができません。

そしていかにインターネット回線の手続きがスムーズに行えるかは、賃貸物件の選ぶ判断材料になるともいえますので、物件情報誌などで部屋探しをすると「インターネット付き!」や「ネット対応物件!」「インターネット無料!」なんて言葉がセールスポイントとして載せられています。

普通はインターネットの契約者は住む人本人なので、開通の手続きも自分で行うのものです。それが整備してあってしかも無料…!なんて書いてあるととても魅力的に思えますよね。

インターネットに関する賃貸物件のセールスポイント例
  • 「インターネット付きマンション/アパート!」
  • 「インターネット導入済みマンション/アパート!」
  • 「インターネット(もしくは光ファイバー)対応マンション/アパート!」

実はこの表記は、どれも「入居したら手続きしなくてもインターネットが使える」という言葉と思いがちですが、表記によって違いがあります。
前もって物件情報に載っている表記の違いをしっかり理解すると、インターネットの契約で後悔する心配がありません。

それぞれの表記の説明から、例えばソネット光プラスを楽しみたい人はどういったマンション・アパートの物件を選ぶべきか考えていきましょう。

インターネット付きマンション/アパート

これはマンション/アパート全体で既にインターネットの契約をしており、かつ各部屋にも回線設備が整えられている状態の事を指します。全戸契約タイプのプランがあるUCOM光や、JCOMなどのケーブルテレビのネットサービスが導入済みであることが多いです。

極端な言い方ですが引越してきたその日にLANケーブルを繋げばすぐにネットが使えます。

手軽さでいくとインターネット付きの物件がナンバーワンです。

反面、すでにマンション管理側でインターネット回線サービスが決まってしまっているので、サービスを選ぶ自由はありません。もしあなたがソネット光プラスに申し込みをして、お得なキャッシュバックやキャンペーンを受けたい場合、管理側に希望を伝え自分で申し込みする必要があります。ただしインターネット付きの物件の場合、家賃にインターネット回線料金が含まれているので、二重に費用がかかることになります。

「インターネット導入済マンション/アパート」の場合

この記載の場合、インターネットの設備は先述した「インターネット付き」のマンション・アパートと同じ状態だと考えて大丈夫です。

大家さんが物件全体で回線の契約をしていて、各部屋まで引き込みの工事手配もできています。

この場合のメリットは、ネットの利用料が安いということです。インターネット回線の利用を希望すれば、だいたい2,000円~3,000円で利用することができます。

デメリットは、回線の速度を全戸で共有しているので、住居者がインターネットをたくさん利用する21時や22時ころのゴールデンタイムにはネットのスピードが遅くなってしまいます。

v6プラスなど高速通信可能なソネット光プラスを利用したい場合は、別途大家さん・管理会社へ許可をもらってから申し込みをする必要があります。

「インターネット(もしくは光ファイバー)対応マンション/アパート!」の場合

インターネット「対応」の場合は、電線から建物(共有部分)までのインターネット回線工事が完了している状態です。各部屋にはインターネット回線が引き込まれていないので、入居した人が自身で回線サービスを申し込みを行い、引き込み工事の手配をする必要があります。

「光ファイバー対応」の表記の場合は、光回線の契約ができるという意味です。

注意したい点は、引き込み工事が必要なので、引越しをしてすぐにネットは使えません。共同スペースから部屋まで回線を引き延ばす工事を行わなければなりませんので、その工事費は自己負担となります。 光回線に申し込みをし、転居に合わせて工事の予定を立てましょう。

ですが、この場合のマンションやアパートなら自由に自分の好きな光回線を選択することができます。
自由ならソネット光プラスの正規代理店webサイトからお得キャッシュバックキャンペーンを利用して申し込みをすることが出来るということです。ソネット光プラスならさらに実質初期工事費無料のキャンペーンサービスでお得になります。

インターネット付き・導入済みの物件と大きく違う点は、二重に料金がかからない・好きな光回線を申し込めるという点です。

まとめ

物件のインターネット対応状況がしっかり理解していれば、不動産業者がネット手続きを勧めてきた場合も本当に必要かどうか考えて返事をすることができます。

インターネット付き・導入済みの物件を選び、不動産会社に賃貸の契約と一緒にインターネット回線の手続きも頼むというのは、手間が省けて楽という側面もあります。

ですが大方その場合は、それぞれの回線で行っているキャンペーンは受けることが出来ません。
あらかじめ転居先の賃貸でインターネットを考える際は、WEB代理店が行うオリジナル特典を中身をよく見て、よく吟味して契約されることをおすすめします。

So-net光プラスならキャッシュバックや工事費用も実質無料になるキャンペーンを実施中!
タイトルとURLをコピーしました