事業者変更って何?ソフトバンク光に事業者変更する際の手続き方法を解説

事業者変更 ソフトバンク光 ソフトバンク光

2019年7月1日より光コラボレーション間での事業者変更が簡略化され、他の光コラボ事業者へ工事不要で乗り換えやすくなりました。

今までは乗り換え時、かなり手間とお金がかかっていたので現在のインターネットサービスに不満を持っている方には、事業者変更はありがたいサービスですね!

この記事では光コラボからソフトバンク光に事業者変更する場合を例に手続き方法を解説します。

光コラボレーションとは

全国に張り巡らされている光回線は、ほとんどNTT東日本NTT西日本が所有しています。
そのNTTの光回線を借りて事業者のブランドで提供しているインターネット接続サービスを『光コラボレーション(省略して光コラボ)』と呼びます。

有名どころで言うと『ソフトバンク光』『ビッグローブ光』『@Nifty』などが光コラボです。
逆に独自の光回線を持っている(光コラボじゃ無い)有名どころは『NURO光』『auひかり』などです。

光コラボの事業者変更とは?

光コラボ事業者から他の光コラボ事業者へ乗り換えることを事業者変更と言います。

2019年6月30日以前、例えばドコモ光からソフトバンク光に乗換えをする場合は一旦ドコモ光を解約し、ソフトバンク光の開通工事をするといった手間がかかりました。
しかし7月1日以降は事業者変更が導入され手続きがとても簡単になりました!

事業者変更導入のポイント
  • 契約中の光コラボの解約手続きが不要(自動で解約となります)
  • 立ち合い工事不要
  • お客様ID、ひかり電話番号はそのまま継続

事業者変更の手続き方法

事業者変更導入前の手続き方法と、導入後の手続き方法を解説します。

以前の光コラボレーション間の切替えイメージ

1現在利用中の光回線の解約
     ↓
2新しい回線を申込み               
     ↓
3現在利用中の回線撤去
     ↓
4新しい回線の開通工事

光コラボレーション間の切り替えは手間とお金のかかるものでした。
しかし2019年7月1日に事業者変更が導入され下記内容に変わりました。

事業者変更のイメージ

1事業者変更承諾番号の取得
     ↓
2新しい光回線を申込み

え、これだけ?と思うくらい手続きが簡単になりました!

固定電話の引継ぎ方法

固定電話

事業者変更により、固定電話番号の引継ぎも簡単になりました。

以前の固定電話の引継ぎ

固定電話を引継ぎしたい場合、光電話として利用している番号をNTTアナログ電話に一度戻して、新たに光電話として契約しなおす必要がありました。

光電話⇒NTTアナログ電話⇒光電話

事業者変更での固定電話の引継ぎ

しかし、事業者変更が始まったことにより固定電話の番号もそのまま引継ぎができるようになったので余計な手続きが不要となります。

光電話⇒光電話への引継ぎが可能!

光コラボレーションから発番された番号についても以前は引継ぎが不可能ではありましたが事業者変更により引継ぎが可能となりました。
また、現在利用している光回線サービスの「お客様ID」「ひかり電話番号」は事業者変更後も変更く使えるようになりました。

事業者変更する場合の料金はいくらかかるのか?

新規に契約する光コラボ事業者との契約事務手数料 3000円が掛かります。

また現在利用中の光コラボレーション事業者によっては事業者変更承諾番号払出手数料がかかる場合があります。金額は事業者により異なります。


ソフトバンク光に乗り換える場合、事業者変更承諾番号払出手数料は公式の展開する「あんしん乗換えキャンペーン」で戻ってくる為、忘れずに申請手続きをしましょう。

ソフトバンク光に移転する手続き方法

softbank光

現在光コラボを利用中でしたら下記手続きを行うことでソフトバンク光に事業者変更が可能です。

  1. 事業者変更承諾番号の取得
  2. NTT東日本/NTT西日本へ手続き
  3. 新規光コラボに申し込み

順に説明いたします。

事業者変更承諾番号の取得

ご利用中の光コラボレーション事業者に「事業者変更承諾番号」の発行依頼をします。
ここで受け取った番号を新規光コラボに申し込む際に伝えることで事業者変更扱いとなります。

事業者変更承諾番号例

事業者変更承諾番号例

事業者変更承諾番号の①の固定英字は「F」か「T」の2種類。FはNTT東日本エリア、TはNTT西日本エリアという意味になります。

②の4桁は日付を表しています。これは事業者変更承諾番号の有効期限を表していて、上記の場合は7月1日までということになります。期限を過ぎるとこの番号は使えなくなり、再取得する必要があります。

③の6桁は自動的に付与された番号です。

NTT東日本/NTT西日本へ手続き

現在利用中の光コラボレーション契約でNTTが直提供しているオプションがある場合はNTTへ「NTT契約情報開示」の同意が必要です。

NTTが直提供しているオプション

ひかり電話/ひかり電話付加サービス(ナンバー・ディスプレイ等)/フレッツ・テレビ/愛媛CATV&フレッツ光/ホームゲートウェイ/無線LANカード/リモートサポートサービス/24時間出張修理オプション/フレッツ・v6オプション

申し込み

インターネットか電話でソフトバンク光に申し込みます。

事業者変更をする場合の注意点

事業者変更の注意点をまとめました。

  • 事業者変更の手続きは、他社光コラボレーションの契約者のみ可能です。
  • 事業者変更承諾番号の有効期限は受付日を含む15日間です。
  • 事業者変更承諾番号の取得方法・取得時に必要な情報は、各光コラボレーション事業者により内容が異なります。
  • 光コラボレーション事業者によっては日割請求または満額請求の場合がある為「課金終了日」を必ず確認しましょう。
  • 一部固定電話番号については引継ぎが出来ない場合もあります。

「事業者変更承諾番号」を取得できない場合があるの?

まれに事業者変更承諾番号が取得できないことがあります。
下記の条件に当てはまっていないかご確認ください。

  • すでに払出済みの事業者変更承諾番号で事業者変更申込みが完了している場合
  • 現在ご利用中の光コラボレーション事業者で料金が未納になっている場合
  • 品目変更(料金プランの変更)などが手続き中の場合

事業者変更のまとめ

事業者変更が導入されたことにより手続きに手間がかかっていたことがカンタンになり、光コラボ事業者を幅広く選択をすることが可能になりました!
現在の光コラボサービスに不満を持っているなら、思い切って事業者変更を検討してみるのもよいかもしれません。

ソフトバンク光はソフトバンクスマホとのセット割などのサービスが充実しています。
代理店によっては事業者変更により代理店側キャッシュバックとソフトバンク光公式キャンペーンが両方もらえるのこともあるのでぜひご参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました